井手口満修道士

三位一体の神を意識するという種 三位一体の主日(マタイ28・16〜20)
聖霊というプレゼントという種 聖霊降臨の主日 (ヨハネ15・26〜27、16・12〜15)
ともに働いてくださる主という種 主の昇天(マルコ16・15〜20)
おん父におねだりするという種 復活節第6主日 (ヨハネ15・9〜17)
留まるという種 復活節第5主日 (ヨハネ15・1〜8)
善い羊飼いになるという種 復活節第4主日(ヨハネ10・11〜18)
証人となるという種 復活節第3主日(ルカ24・35〜48)
復活したイエス様との再会という種 復活節第2主日(ヨハネ20・19〜31)
キリストの光という種 復活徹夜祭 (マルコ16・1〜8)
ここに心を留めるという種 受難の主日(マルコ11・1〜11)
さらに記事を表示する

新着記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…

ピックアップ記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 教皇フランシスコは、「教会の母聖マリア」の義務の記念日を、聖霊降臨の翌日の月曜日に制定された。本…
  3. 「現場の想設」という祈りの方法は、聖イグナチオ・デ・ロヨラの著した『霊操』の中に用いられて、重要な役…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »