• 聖パウロ修道会の神父・修道士になるには
  • HOME
  • 聖パウロ修道会の神父・修道士になるには

icon-info-circle はじめに

神様は、様々な形で私たちをお招きになります。それは、いろいろな出来事を通して、出会いを通して、あなたの心の動きの中で……。そんな神様の呼びかけに気づいたとき、勇気をもって神様からの呼びかけに応えてみましょう。

icon-info-circle パウロ会員を構成する神父と修道士

神父(または司祭)、修道士(ブラザー)は、神と人々のために、自分のすべての生涯をささげて生き抜く人たちです。聖パウロ修道会の会員である司祭と修道士は、同じ修道誓願を宣立し、同じ霊性上の恩典にあずかり、聖職叙階から生ずるもののほかは、同じ権利と義務を持っています。
聖パウロ修道会の使徒職は、サンパウロの種々の活動が中心です。月刊誌の発行、単行本の企画編集、CD、ビデオの制作、キリスト教書籍、聖品、聖具の普及などがあります。

icon-info-circle 養成プロセス

志願期

志願者として受け入れられたら、修道院に入り、共同体生活を始めます。修道会の霊性や祈り、聖書や典礼などを学び、修道会の使徒職も体験します。志願期は、原則として1年です。ただし学業に従事している志願者はこの限りではありません。

ポストラート期

ポストラート期は、志願者の素質と召命を確かめる期間です。パウロ会員の生活を身近に体験して、この生活にほんとうに召されているかどうかを確認します。ポストラートの期間は1年以上2年以下です。

修練期

修道生活の基本となる神学と会憲を学び、神にあなたの生涯を賭けていくことを、祈りのうちにいっそう確かめていく直接の準備の時期です。司祭、修道士の進路の選定は修練期の最後に行います。修練期は、原則として1年です。

初誓願

神の呼びかけに応えて、キリストに従って生きたいという望みを表明し、会憲にもとづいて、向こう1年の清貧、貞潔、従順を誓います。使徒職の場に派遣されます。

有期誓願期

共同体生活を体験しながら、祈り、勉学、使徒職に励み、キリストのうちにあなたの生活を一致させていく歩みを続けます。最終的な準備をしていく期間です。1年ごとに誓願の約束を更新します。

終生誓願

一生涯をキリストに従いたいと決心し、教会に奉仕する者として、すべてを神にささげる終生の誓願を宣立します。

icon-info-circle 入会の条件

  • 聖パウロ修道会の神父あるいは修道土になることを希望する者は、原則として満18歳~35歳までの独身男子で、受洗後、少なくとも満1年を経過していること。
  • 心身共に健康で、会の使命を遂行するために必要な知力、素質、熱意を持ち、共同生活に適応できる者であること。
  • 入会希望者の国籍は、入会の支障とはなりません。あらゆる国籍の入会希望者を志願者として受け入れます。
  • 入会希望者は、日常会話に困らない程度の日本語能力を持っていること。
  • 入会希望者は、原則として入会の前に合算して最低14日間以上の体験入会を経ていなければなりません。
    入会希望者の提出書類
    入会希望者は入会の審査に当たっては、洗礼証明書、堅信証明書、戸籍抄本、履歴書、健康保険証(コピー)、健康診断書、主任司祭の推薦状を提出します。

icon-info-circle お問い合わせ先

聖パウロ修道会
〒160-0001 東京都新宿区若葉1-5
TEL 03-3351-5135 FAX 03-3351-8606
※下記メールフォームもご利用ください。

icon-envelope-o お問い合わせメールフォーム

修道生活についてのお問い合わせは、下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。
※個人情報は本件以外には使用しません。
※当会のサイトは、データ通信の暗号化(SSL)を採用しております。個人情報は安全に送信されますので安心してご利用ください。
全てのお問い合わせに対応するよう心がけておりますが、対応できない場合があることをご了承くださいませ。