私たちは「神の子」という種 聖家族(ルカ2・41〜52)

私たちの12歳ってどのような時期だったでしょう。また、皆さんのお子さんの12歳ってどうでしたか。もしかしたら、今12歳の子ども向き合っている方もおられることでしょう。一般に12歳と言いますと、小学6年生か中学1年生です。私の知人に中学1年生のお嬢さんを持つご夫婦がいて「最近娘は、あまり私たちと話さなくなりました。」と仰っていました。中学1年生は、小学校を卒業してちょっとお兄さん、お姉さんと言った感じで、これから思春期に入るか、入らないかという時期でもあります。

きょうのみことばは、イエス様とヨセフ様、マリア様が過越の祭の時にエルサレムに上って行く場面です。みことばは、「イエスの両親は、毎年、過越の祭りにはエルサレムへ上っていた。イエスが12歳になられた時も、慣習に従って、都に上った。」とあります。3人は毎年欠かすことなくおよそ3日から4日ほどかけてナザレからエルサレムに上られていました。

イスラエルでは、子どもが12歳になると成人と言われていたようです。ヨセフ様、マリア様にとってもイエス様にとってもこの年の「過越の祭」は特別なエルサレムへの巡礼だったのです。「過越の祭」の期間は、約1週間となっており、この期間をエルサレムで過ごしていたようです。ヨセフ様とマリア様もこの期間を過ごした後ナザレに向かって帰路につきます。しかし、ここで事件が起こります。彼らが1日の旅を終えた時にイエス様がいないことに気がつきます。私たちには考えられないことと思われますが、「過越の祭」の後は、男性と女性が別々にそれぞれの家に帰って行ったのです。ですから、ヨセフ様はイエス様がマリア様と一緒にいるだろうと思っていましたし、マリア様はイエス様がヨセフ様と一緒にいると思っていたのです。それで2人とも1日分の道のりを終えて最初の宿泊地に来た時にイエス様がいないことに気が付いたのです。みことばの中に「少年イエスはエルサレムに残っておられた。しかし、両親はそれに気がつかなかった」とあるのはそのような理由があったのです。

 さて彼らは、親戚や知人の間を捜しますがイエス様を見つけることができず、3日後、神殿の境内でイエスを見つけます。2人は1日で行ける距離を3日間もかかって捜されたのです。ここにどれだけ2人が心配してイエス様を捜されたかを分かるような気がいたします。また3日間というのは、イエス様が復活されたのもの3日目ですから何かの意味があるのかもしれません。

2人がイエス様を捜し出した時、イエス様はエルサレムの境内に座って学者たちの言葉を聞き、彼らに質問をしていました。みことばには、「イエスの言葉を聞いた人々はみな、その賢明な受け答えに驚嘆していた。」とあります。この場面は、イエス様の最初の宣教と言ってもいいかもしれません。両親はイエス様を見て驚き、マリア様は「あなたは、どうしてこんなことをしたのですか。お父さまもわたしも心配して、あなたを捜しました。」と言います。3日間イエス様を捜した2人は、きっと夜も心配して眠ることもできなかったことでしょう。今風で言えば、マリア様が「キレた」瞬間と言ってもいいかもしれません。

これに対して、イエス様は、「どうして、わたしをお捜しになったのですか。わたしは父の家にいなければならないことを、ご存じなかったのですか」と言われます。みことばに書かれていませんがイエス様の答えを聞いたマリア様は倒れたのかもしれません。イエス様のこのお答えは、聖書の中で最初の【お言葉】でしたし、1人の少年としてではなくおん父から遣わされた【メシア】としての言葉だったのです。2人はイエス様のお答えの意味がわかりませんでした。

私たちは、イエス様をどこに見出そうと捜しているのでしょうか。もしかしたら、自分たちの都合がいい場所で捜し出そうとしているのかもしれません。イエス様が言われる「父の家」というのは、私たちが思い描いている居心地が良い場所ではないのかもしれません。イエス様のお言葉は、私たちの心を見つめ直す機会を与えてくださっているのではないでしょうか。

イエス様は、その後両親とともにナザレに下って行き、両親と暮らされます。みことばには、「イエスは知恵も増し、背丈も伸び、ますます神と人とに愛された」とあります。このことは、イエス様がみんなに祝福され、愛されて育てられたということです。ヨハネの手紙には、「御父がどれほどわたしたちを愛しておられるかを考えなさい。わたしたちは神の子と呼ばれるほどで、事実、その通りです。」(1ヨハネ3・1)とありますので、わたしたち一人ひとりもイエス様のように、【神の子】としておん父から愛されて育てられています。きょうの典礼の「聖家族」は、みことばを通して両親が自分の子をどれほど愛しているか、また、おん父がわたしたち一人ひとりを【神の子】として愛されているのかを改めて気づかしてくださる日と言ってもいいでしょう。一年を終わるにあたって、この一年に頂いたおん父からの愛、恵みを思い起こす日とすることができたらいいですね。

あなたにオススメ