列聖、列福について――キリスト教知恵袋

神のしもべ、尊者、福者、聖人の段階がありますが、これらはいつごろ、どのようにして決まったのですか?

「聖人」が誕生する(列聖)までに「神のしもべ」、「尊者」、「福者」という段階を踏みますが、これらはみな「聖人」という概念がはっきりした後に、次第に明確となったものです。

「聖人」の認定と崇敬の歴史は長く、2世紀の初代教会の頃からあったと言われています。4世紀から6〜7世紀頃にかけて、殉教者や証聖者に対する崇敬が高まり、それによって地元の司教による聖人の真贋と認定が行われるようになりました。しかし、民間信仰から抜けきれず伝説上の人物がそのまま聖人となることもありました。例えば、聖クリストフォロスや聖女ヴェロニカなどがそうです。

10世紀に最初の列聖(聖人の公式認可)が行われ、12〜13世紀には列聖の権限が教皇に限定されるようになり、17世紀ごろには聖人認定の基準が定められ、現在の確固たる手順が開始されました。また、聖人の前段階である「福者」の段階が作られたのも17世紀においてです。段階を分けて聖性の認定を確実にする意味があったと思われます。18世紀においては列福に向けての調査が始まった人物を、「神のしもべ」と呼ぶようになりました。いつ「尊者」の制定が始められたか定かではありませんが、調査段階で「神のしもべ」、「尊者」と称されます。1965年に閉会した第2ヴァチカン公会議において、それまでの「聖人」の見直しが行われ、伝説的要素の強い聖クリストフォロスや聖女ヴェロニカなどが外されるということがありました。

列聖の対象者は「福者」が多く、その取り次ぎによって2件以上の奇跡が認められると列聖調査が始められます。つまり、その人物の名によって行われた(死後その名によって祈ってかなえられたものも含みます)奇跡の有無を調べます。その後、第1調査として統轄司教のもとで生涯・著作などが調べられ、第2調査として教皇庁の列聖省が調査します。異端的な言動や教会に対する見解などが厳しく吟味されます。決定後、聖人の記念日が定められると、教皇がこれをサン・ピエトロ大聖堂で教会の聖人として公に宣言します。信徒はその新しい「聖人」の名によってミサを捧げることができるようになります。

●回答者=川村信三神父(イエズス会)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 2018年5月13日、イタリアのサンパウロから「マリア」に関する新しい週刊誌が発行されます。…
  2. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  3. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 2018年3月17日(土)、ソウルで新しい使徒職のイニシアティブのために集会が行われました。…
PAGE TOP
Translate »