【新刊案内】主日の福音を生きる〔C年〕―日々の生活をみことばとともに―

本書はキリスト教信徒向けの書である。主日(日曜日)のミサの中で読まれる聖書朗読によって伝えられた〈福音(みことば)〉を、週日(月曜日~土曜日)の日々の生活に絡めて、自分の生き方を通して証しする。
みことばを実践して生きることができるように、その方法を教えてくれる道案内の書。

著者:レナト・フィリピーニ
判型:B6判並製
ページ数:136ページ
価格:本体1,200円十税
ISBN:978-4-8056-3913-9 C0016
発行:サンパウロ
※2019年2月18日発売予定

著者略歴
レナト・フィリピーニ (Renato Filippini)
1970年 北イタリア・ゲーディ出身。
1990年 「聖ザベリオ宣教会」入会。 
1992年 アメリカ・シカゴにあるCatholic Theological Union(神学専攻)修了。
1997年 聖書学修士号取得。司祭叙階。同年に来日後、鹿児島教区・福岡教区・高松教区で司牧。
2017年2月 ローマの教皇庁立サレジオ大学で司牧神学を研修(信仰教育専攻)、修士号修得。
現在 カトリック玉名教会・荒尾教会(福岡教区)主任司祭。

著書・訳書
『イエスの教えてくれた祈り 「主の祈り」を現代的視点から』(カルロ・マリア・マルティーニ著/篠崎榮共訳 教友社 2013年)、『イエスとの出会い その喜びを味わう』『Lectio Divina Series 1』(教友社 2015年)、『聖週間を生きる ―毎日の黙想 受難と復活節の人物と共に』(女子パウロ会 2016年)、『詩編を祈る―人間経験から生まれる祈り』『Lectio Divina Series 2』(教友社 2017年)。
インターネット上で日曜日の福音とキリスト教を中心としたヒントと一言や予備知識を毎週更新。ブログ:「レナト神父のブログ」、Facebook:「レナト神父」。

あなたにオススメ