別れの寂しさ 復活節第6主日(ヨハネ14・23~29)

復活節も後半になり、来週は「主の昇天」をお祝いします。イエスが昇天するということは、弟子たちとの別れが近づいたことを意味します。そのためでしょうか、今日のみことばは、別れにちなんだ内容です。

「わたしが言ったことをすべて思い起こさせてくださる」とか「わたしは去っていくが、あなた方の所に戻ってくる」など、イエスと生活を共にしてきた弟子たちにとって、別れの寂しさが伝わってきます。

今年の2月10日、長年、大和学園聖セシリアの理事長や校長をなさっていたセシリア伊東千鶴子先生が亡くなられました。かれこれ17~18年前からお世話になっていた先生だけに、先生の訃報はとても寂しいものでした。伊東千鶴子先生のお母様は、モニカ伊東静江先生。静江先生はこの学園の創立者で、小田急電鉄の創始者であったとしみつ利光つる鶴まつ松氏の娘さんです。

創立者のモニカ伊東静江先生はとても熱心なカトリック信者、セシリア伊東千鶴子先生はどちらかというと柔軟な方、ユーモアにも満ちた方でした。

現在、大和学園聖セシリアには、保育園、幼稚園、小学校、中学・高校、短大などがありますが、種々の行事、例えば、入学式、終業式、クリスマス会、卒業式など、これらの行事にはミサがささげられ、その後、先生の挨拶があります。伊東千鶴子先生はそのたびに「いやー、園児、生徒、学生に話すのはとてもたいへんなんですよ」とおっしゃっていましたが、皆さんにいつも豊かな内容のお話をなさっていました。年代が違う生徒や学生たちのために、ほんとうにうまい話ができるなあと感心していました。伊東千鶴子先生の口々は「聖セシリアの子どもたちはとてもよい子ですよ」と褒めること。どんな子どもでも受け入れようとする先生の姿勢には敬服しました。

89歳という生涯であった伊東千鶴子先生。別れの寂しさが今も残っていますが、先生が人を大事にするという姿勢が、イエスの心とつながって見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
  2. 東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみ…
  3. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 東京都内の四谷近辺にはけっこう古いお寺があり、そこにはたくさんの墓地が併設されています。昼間はともか…
  5. 国内・海外に数多くの観想修道院があり、日々「祈りと労働」がささげられ、その実りとして品質の高い製品が…

ピックアップ記事

  1. 聖マリア・アンヌンチアータ会から、祈りのひとときへお誘いいたします。真の幸いを証しするイエスに、…
  2. 「小さな親切、大きなお世話」という言葉があります。「本人は善かれと思って相手したことが、相手にとって…
  3. カトリック教会では十字をきる時、上から下、左から右にきりますが、ロシア正教会では上から下、右から左で…
  4. 聖パウロ修道会の創立記念日とパウロ家族の誕生日である、本日8月20日、聖パウロ修道会総長のヴァルディ…
  5. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
PAGE TOP
Translate »