聖家族(2018年12月30日)福音書のメッセージ動画

聖家族にも、
親離れ・子離れの葛藤があった。

親とは別の世界にチャレンジしていく子。
親には理解できない人生を歩みだす子。

勇気をもって、わが子を送り出すには?

ルカによる福音書2章41節~52節
イエスの両親は、毎年、過越の祭りにはエルサレムへ上っていた。イエスが十二歳になられた時も、両親は祭りの慣習に従って、都に上った祭りの期間が終わって、帰路に就いたが、少年イエスはエルサレムに残っておられた。しかし、両親はそれに気づかなかった。道連れの中にイエスはいるのだろうと思い込み、彼らは一日の旅を終えてから、親戚や知人の間を捜し回ったが、見つからなかったので、イエスを捜しながらエルサレムまで引き返した。そして、三日の後、両親は神殿の境内でイエスを見つけた。イエスは学者たちの間に座り、彼らの言葉を聞き、また彼らに質問しておられた。イエスの言葉を聞いた人々はみな、その賢明な受け答えに驚嘆していた。両親はイエスを見て驚き、母は言った、「あなたは、どうしてこんなことをしたのですか。お父さまもわたしも心配して、あなたを捜していました」。すると、イエスは仰せになった、「どうして、わたしをお捜しになったのですか。わたしは父の家にいなければならないことを、ご存じなかったのですか」。両親には、イエスの言葉の意味が分からなかった。
それから、イエスは両親とともにナザレに下って行き、二人に仕えてお暮らしになった。母はこれらのことをことごとく心に留めていた。イエスは知恵も増し、背丈も伸び、ますます神と人に愛された。

あなたにオススメ