主の降誕:日中のミサ(2018年12月25日)福音書のメッセージ動画

イエスをことばとして紹介するヨハネ福音書
なぜ、ことばなのか?

森司教の説明に納得!
実にイエスは神の豊かないのちのことば!

きょう、神のことばの誕生を祝う

ヨハネによる福音書 1章1節~18節
初めにみ言葉があった。
み言葉は神とともにあった。
み言葉は神であった。
み言葉は初めに神とともにあった。
すべてのものは、み言葉によってできた。
できたもので、み言葉によらずにできたものは、
何一つなかった。
み言葉の内に命があった。
この命は人間の光であった。
光は闇の中で輝いている。
闇は光に打ち勝たなかった。
神から遣わされた人がいた。その名はヨハネである。この人は証しのために来た。光について証しをし、彼に
よってすべての人が信じるようになるためである。彼は光ではなかった。しかし、光について証しをするために来た。すべての人を照らすまことの光はこの世に来た。
み言葉は自分の民の所に来たが、
民は受け入れなかった。
しかし、み言葉を受け入れた者、
その名を信じる者には、
神の子となる資格を与えた。
彼らは、血によってではなく、
人間の意志によってでも、
男の意志によってでもなく、
神によって生まれた。
み言葉は人間となり、
われわれの間に住むようになった。
われわれはこの方の栄光を見た。
父のもとから来た独り子としての栄光である。
独り子は恵みと真理に満ちていた。
ヨハネはこの方について証しをし、こう叫んだ、「『わたしの後から来られる方は、わたしよりも偉大である。わたしより先に存在しておられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである」。
われわれはみな、
この方の満ち満ちた豊かさの中から、
恵みの上にさらに恵みを受けた。
律法はモーセを通して与えられたが、
恵みと真理とは、
イエス・キリストを通してもたらされた。
神を見た者は、いまだかつて一人もいない。
父のふところにいる独り子である神、
この方が、神を啓示されたのである。

あなたにオススメ