待降節第3主日(2018年12月16日)福音書のメッセージ動画

私たちはどうすればよいのか?

洗礼を受けに来た人々に
洗礼者ヨハネが勧めるのは
周りの人に対するやさしさ

イエスの誕生を迎える準備のとき
周りの人の痛みや悲しみに目覚めていきたい

ルカによる福音書 3章10節~18節
そのとき、群衆はヨハネに、「わたしたちはどうすればよいのでしょうか」と尋ねると、ヨハネは答えて言った、「下着を二枚持っている者は、持っていない者に分け与えなさい。食べ物を持っている者もまた、同じようにしなさい」。また、徴税人たちも洗礼を受けに来て、ヨハネに、「先生、わたしたちはどうすればよいのでしょうか」と尋ねた。ヨハネは彼らに、「規定以上に取り立ててはならない」と言った。兵士たちもヨハネに、「わたしたちも、どうすればよいのでしょうか」と尋ねた。ヨハネは彼らに言った、「誰からも脅し取ったり、ゆすったりしてはならない。自分の給与で満足しなさい」。
さて、民はメシアを待ち望んでいたので、もしかすると、ヨハネがメシアではなかろうかと、みな心の中で思っていた。しかし、ヨハネはみなに向かって言った、「わたしは水であなた方に洗礼を授けるが、わたしよりも力のある方が来られる。わたしはその方の履き物の紐を解く値うちもない。その方は聖霊と火で、あなた方に洗礼をお授けになる。その方は手に箕を持ち、麦打ち場の麦をふるい分け、麦を倉に納め、籾殻を消えることのない火で焼き尽くされる」。
こうして、ヨハネはほかにもさまざまな勧めをして、民に福音を伝えた。

あなたにオススメ