何のためにという種 年間第32主日(マルコ12・38〜44)

振る舞いや言葉の中に傲慢さが出てきているような人に対して「鼻につく」という言葉があります。逆に心の清さが表に出る人の振る舞いには、「好感が持てる」という言葉もあります。最近読んだ『日日是好日』という本の中に「『あの人は、ダダモノじゃないわよ。』……『みなさんで挨拶したんだけど、一人だけ、おじぎがちがうのよ』」という一節がありました。挨拶一つにしてもその人の心が出てくるのでしょうね。

きょうのみことばは、イエス様が、律法学者の偽善的な態度に注意促す場面と、やもめがわずかな銅貨を献金したのを称賛する場面です。イエス様は、「過ぎ越し祭」を祝うためにエルサレムに来て神殿に行ったのでしょう。そこでは、ガリラヤで評判になっているイエス様が現れたと律法学者やサドカイ派の人たちがイエス様の所に来て、今まで疑問に思っていたこと尋ねたり、一度会って話してみたいと思ったりした人がイエス様の所に集まり、声をかけて呼び止めたりしたのではないでしょうか。

群衆も同じ様に「行く先々で奇跡を起こし、素晴らしい教えを説いていたイエス様が来られている」という気持ちでイエス様の周りに集まっていたのでしょう。イエス様は、集まって来た群衆に対して「律法学者に気をつけなさい。」と言われます。エルサレムの神殿ですから周りには、律法学者やファリサイ派の人たちを頻繁に目にしていたのではないでしょうか。イエス様は、あちらこちらで律法学者が長い衣をまとって歩き回っている様子、広場で挨拶をされる様子を見ていてきっと嘆かれたのではないでしょうか。律法学者は、聖書や律法のことを研究し人々に対してそのことを人々に伝えていました。そのため、人々から尊敬されていたのです。しかし、周りから尊敬されればされるほどいつの間にか【傲慢さ】が出て来たのかもしれません。

そんな彼らの様子を見てイエス様は、「律法学者に気をつけなさい」と言われたのではないでしょう。マタイ福音書でイエス様は、「律法学者やファリサイ派の人々は、モーセの座に着いている。だから、彼らの言うことはすべて実行し、守りなさい。しかし、彼らの行いを見ならってはならない。」(マタイ23・2〜3)と言われています。イエス様から「あなたは神の国から遠くない」と言われた律法学者のように、全ての律法学者に対してイエス様は批判されていたわけではないでしょうが、あまりにも多くの律法学者の行いの中に【傲慢さ】を感じられたのでしょう。人の振り見て我が振り直せという言葉がありますように、もしかしたら私たちも知らず知らずのうちに【傲慢さ】というエゴが見え隠れするような言動をしている危険性があるかもしれません。

イエス様は、さらに「やもめの家を食いつぶし、見せかけの長い祈りをする。この人たちは、それだけきびしい裁きを受けるであろう」と言われます。聖書の中で【やもめ】は、家長である「夫」を失い、多少の援助があったようですが、社会的にも経済的にも弱い立場の人たちでした。律法学者はそんな弱い立場の人に対して助けようとするのではなくかえって彼女たちを苦しめていたのです。また、本来ですと祈りは、「神」に対するものだったのですが、彼らは「自分たちの立場を守るため」の祈りに変わっていました。イエス様は、律法学者のそのような態度に対して厳しく批判されたのでした。

さて、イエス様は、律法学者から虐げられていたやもめが献金している様子に目を止められます。彼女は、周りの金持ちたちがたくさんの献金をしているそばに立ち、レプトン銅貨2枚(およそ100円程度)を投げ入れていました。エルサレムの神殿の献金箱は金属のラッパのような形をしていて貨幣を投げると大きな「ジャラジャラ」という金属音がしていたようです。これは、自分たちがどれだけ多くの献金をしているかを周りの人にアピールする顕示欲をくすぐる音だったのではないでしょうか。彼女は、そんな音を聞きながらレプトン銅貨を献金箱に投げ入れたのです。イエス様は、その彼女が自分の生活費の全てを神様に捧げたことに対して「あなた方によく言っておく。あの貧しいやもめは、献金箱に投げている人の中で、誰よりも多く投げ入れた。」と言われます。

彼女は、この銅貨を献金した後は、これからの生活をどうすればよいか分からないという状態だったのです。それでも、彼女は神に対して自分の生活費の全てを投げ出してもいいくらいの信頼があったのではないでしょうか。「なんとかなる。このわずかな献金しか捧げることができませんが、神様がなんとかしてくれる」という信仰があったのでしょう。もしかしたら、自分の全てを神様に捧げてもいいという彼女の気持ちがあったのかもしれません。

きょうのみことばは、何のために祈るのか、何のために挨拶をするのか、何のために献金をするのかという【意向】が問われているような気がします。ご自分の命を私たちに捧げてくださったイエス様のように、見栄や顕示欲ではなく、謙遜な心で日々の生活をおん父に捧げることができたらいいですね。

あなたにオススメ