年間第32主日(2018年11月11日)福音書のメッセージ動画

生活費のすべてを献金したやもめ
彼女の生きる姿勢は本物
この貧しいやもめを支えるものは何だったのか?

自分の力では支えきれないものがある人生
私の全存在を支えているのは?

マルコによる福音書 12章38節~44節
そのとき、イエスは教えの中でこう仰せになった、「律法学者に気をつけなさい。彼らは長い衣をまとって歩き回ること、広場で挨拶されること、 また会堂の上席や、宴会の上座に座ることを好む。 また、やもめの家を食いつぶし、見せかけの長い祈りをする。この人たちは、それだけきびしい裁きを受けるであろう」。
さて、イエスは献金箱に向かい合うように座って、人々がその中に金を投げ入れるのを見ておられた。大勢の金持ちたちがたくさん投げ入れていた。 そこへ、一人の貧しいやもめが来て、レプトン銅貨二枚を投げ入れた。それは一クァドランスにあたる。そこで、イエスは弟子たちを呼び寄せて、仰せになった、「あなた方によく言っておく。あの貧しいやもめは、献金箱に投げ入れている人の中で、誰よりも多く投げ入れた。ほかの人々は有り余る中から投げ入れているのに、あのやもめは乏しい中から、その持っているすべてを、生活費のすべてを投げ入れたからである」。

あなたにオススメ