見えるようにしてくださいという種 年間第30主日(マルコ10・46〜52)

ほとんど助からないような状態でも生きるすべを探し求めるというような意味で「死中に活を求める」という言葉があります。「なんとかして生きたい」というのは、私たちの本能と言っても良いでしょう。イエス様は、私たちのこのような願いを黙って放って置かれない方です。

きょうのみことばは、イエス様がエルサレムを目前にして目が見えない物乞いを癒す場面です。イエス様と弟子たちは、ガリラヤを出発し過越の祭のためにエルサレムを目指していまいた。そして、いよいよエルサレムへ向かう旅の最後の町「エリコ」にたどり着いたのです。みことばの中にある「大勢の群衆」というのは、同じように「過越の祭」を祝うためにエルサレムに向かう人々だったようです。その時、この盲目の物乞いは、今までと違う何かを群衆の雰囲気の中に感じたのでしょう。みことばには、「ナザレのイエスだと聞いて、『ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください』と叫び出した」とあります。彼の気持ちは、みんなと同じようにエルサレムに上り「過越の祭」を祝いたかったのでしょう。

しかし、「目が見えない」ということは、「罪の結果」と言われていましたし、さらに、物乞いということもあって、周りの人からも排斥されていたのではないでしょうか。彼は、孤独であったり、自分の身の上に対して嘆き、諦めややるせない気持ちであったりと心身ともに苦しい生活を強いられていたことでしょう。その彼が、勇気を振り絞り、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と叫んだのです。彼の名は、「ティマイの子でバルティマイ」という名前でした。イエス様が癒された人々の中で【名前】が記されているのは、珍しいことではないでしょうか。みことばの中にはありませんが、彼がイエス様について行って弟子の一人として活躍するということを表しているのかも知れません。

彼は、人々から黙るようにと叱られてもなんとしてでも救われたいと思い、恥も外聞も無く心の底から振り絞るように「ダビデの子、憐れんでください」と叫び続けます。彼は、群衆から「あちらに行け。黙るんだ」と叱られるだけではなく、もしかしたら手で追い払われるように力ずくで追い返されていたのかもしれません。それでもなお彼は、「ダビデの子、憐れんでください」と叫び続けます。弟子たちや周りの人たちは、彼に対してどのように思ったのでしょう。うっとうしいなとか、少しは周りのことを考えたらいいのにとか思っていたのかも知れません。ちょっと、この場面に留まってみるといろいろと黙想ができるかも知れません。

イエス様は、彼の「ダビデの子、憐れんでください」という叫びに対して立ち止まり「あの人を呼びなさい」と言われます。イエス様は、弟子たちや周りの人たちに対して「小さい人」「幼子」を受け入れなさいと再三教えられていました。それでも、弟子たちは彼を黙らせようと叱り、うっとうしく思い、排斥しようとしていたのです。イエス様は、バルティマイに対して【憐れ】に思われ「あの人を呼びなさい」と言われたのでしょう。もう一つここで注目することは、今までイエス様をメシアとして上げようとする群衆に対して「誰にもいうな」と口止めしていたイエス様が初めて「ダビデの子」という【メシア】という呼びかけに足を止められ、公然と認められた場面でもあるのではないでしょうか。

弟子たちは、彼に対して「安心しなさい。立ちなさい、あなたを呼んでおられる」と伝えます。ここで、今まで叱りつけていた弟子たちの言葉が今度は、優しい【いつくしみのある言葉】に変わります。彼らは、イエス様の「あの人を呼びなさい」という言葉に「はっ」としたのかも知れません。弟子たちの言葉に彼は、マントを脱ぎ捨て、躍り上がってイエス様の所に行きます。彼にとってマントは彼を守るものでしたし、彼自身を隠すものでしたし、全財産でした。しかし、彼はそれを脱ぎ捨て、喜び踊るという体と心で喜びながらイエス様の所に行きます。少し前の箇所でイエス様は、金持ちの青年に「持っているものをことごとく売り、……わたしに従いなさい」と言われています。バルティマイは、マントという財産を捨ててイエス様に従うことを意味していると言ってもいいでしょう。

イエス様は、彼に「わたしに何をしてほしいか」と尋ねられます。そう、この言葉は、ヨハネとヤコブに尋ねた言葉と同じでした。バルティマイは、ただ単に「先生、見えるようにしてください」と願います。イエス様は、彼の誠実な、しかも彼自身の全てをさらけ出した心からの願いに対して「よろしい、あなたの信仰があなたを救った」と言われます。彼の目は【たちまち】見えるようになります。彼の長年の願いは、速攻で聞き入れられます。

きょうのみことばは、癒しの場面だけではなく【召命】の場面でもあるのではないでしょうか。目が見えないということは、何をすればいいのか先が見えない不安な状態のことなのかも知れません。そのような状態に対してイエス様は「わたしに何をして欲しいのか」と尋ねられておられるのです。私たちは、心から「見えるようにしてください」と言えることができたらいいですね。

あなたにオススメ