日本からも参加、フランクフルトでCTIAのミーティングが行われました

2018年10月9日〜14日、CTIA(総本部直属組織/聖パウロ修道会使徒職専門委員会)のミーティングがフランクフルトで行われました。

これは、世界最大規模の書籍展「フランクフルト・ブックフェア」の開催期間中に、情報の収集と交換、および聖パウロ修道会の使徒職の新たな可能性を見つけることです。

全世界のパウロ会員の代表者がこのミーティングに参加し、日本からも2名の会員が出席しました。

フランクフルト・ブックフェアは、世界100カ国以上の出版業界の専門家が一堂に会し、国際版権ビジネスの商談を行う世界最大規模のブックフェアです。毎年日本からも多くの出版社が出展し、数百名の方が会場を訪れています。

あなたにオススメ