年間第29主日(2018年10月21日)福音書のメッセージ動画

立身出世を願う弟子たち
イエスとは全く違う価値観

だが、イエスは
人間の未熟さを受容し、
人間の善意を信頼する。

地域紛争や難民問題の根っこには
この受容と信頼の欠如があるのではないか?

マルコによる福音書 10章35節~45節
そのとき、ゼベダイの子ヤコブとヨハネがイエスに近づいて言った、「先生、お願いがあります。ぜひとも、それをかなえてください」。イエスは仰せになった、「わたしに何をしてほしいのか」。すると、二人は言った、「あなたが栄光をお受けになるとき、どうかわたしたちの一人をあなたの右に、一人を左に座らせてください」。イエスは仰せになった、「あなた方は自分が何を願っているのか分かっていない。あなた方は、わたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることができるか」。二人は、「できます」と答えた。そこで、イエスは仰せになった、「あなた方はわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けるであろう。しかし、わたしの右または左に座らせることは、わたしの決めることではない。それは定められた人々に与えられるのである」。
これを聞いたほかの十人の者は、ヤコブとヨハネに憤慨しだした。そこで、イエスは彼らを呼び寄せて仰せになった、「あなた方も知っているとおり、異邦人の間では、支配者と目される者がその民を支配し、また偉い人が権力をふるっている。しかし、あなた方の間では、そうであってはならない。あなた方のうちで偉くなりたい者は、かえってみなに仕える者となり、また、あなた方のうちで第一の者になりたい者は、みなの僕となりなさい。人の子が来たのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人の贖いとして、自分の命を与えるためである」。

あなたにオススメ