年間第28主日(2018年10月14日)福音書のメッセージ動画

永遠の命を受け継ぐには何をすればいいか?

青年の問いに対するイエスの答え
「あなたに欠けていることが一つある」

現代社会にも同じ問いかけが聞こえてくる!
今、私に欠けていることは何か?

マルコによる福音書 10章17節~30節
そのとき、イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄り、イエスの前にひざまずいて尋ねた、「善い先生、永遠の命を受け継ぐためには、何をすればよいのでしょうか」。イエスは仰せになった、「なぜ、わたしを『善い』と言うのか。神おひとりのほかに、善い者はいない。あなたは掟を知っている。『殺すな。姦通するな。盗むな。偽証するな。欺き取るな。父母を敬え』」。その人は答えて言った、「先生、これらのことはすべて、小さい時から守っています」。 イエスは彼を見つめ、愛情をこめて仰せになった、「あなたに欠けていることが一つある。行って、持っているものをことごとく売り、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を蓄えることになる。それから、わたしに従いなさい」。その人はこの言葉を聞いて、悲しみ、沈んだ顔つきで去っていった。多くの財産を持っていたからである。
そこで、イエスは周囲を見回しながら、弟子たちに仰せになった、「財産を持つ者が神の国に入るのは、何と難しいことであろう」。弟子たちがこの言葉に驚いたので、イエスはさらに仰せになった、「子らよ、神の国に入るのは、何と難しいことか。金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっと易しい」。すると、弟子たちはますます驚き、互いに言い合った、「それではいったい誰が救われるのだろうか」。そこで、イエスは彼らを見つめて仰せになった、「人にできることではないが、神にはおできになる。神にはおできにならないことはないからである」。
すると、ペトロがイエスに、「わたしたちはこのとおり一切を捨てて、あなたに従ってきました」と言い出した。イエスは答えて仰せになった、「あなた方によく言っておく。わたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者は、今、この世では百倍の家、兄弟、姉妹、母、子、畑を受ける。しかしまた、それとともに迫害もある。そしてまた、来たるべき代では永遠の命を受ける」。

あなたにオススメ