家庭の友 2018年11月号(特集:『聖書 聖書協会共同訳』の発行)

『聖書 新共同訳』がこれまで使用されていましたが、31年ぶりに新訳として、2018年12月に『聖書 聖書協会共同訳』が発行されることになりました。この編集作業に従事した岩本潤一氏(日本聖書協会編集部主任)、いくつかの翻訳事業に関わった山下敦神父(大分教区)、典礼における聖書朗読の視点から関わった宮越俊光氏(カトリック典礼委員会秘書)に、作業を通して感じたことを執筆していただきました。11月号の発行は、10月10日頃を予定しています。

あなたにオススメ