年間第25主日(2018年9月23日)福音書のメッセージ動画

弟子たちの醜さを隠さず語る福音書。
罪をゆるし続ける神の輝きを伝える。

初代の教会共同体には
指導者の罪深さも受容する力強さがあった。

現代の教会はどうだろうか?

マルコによる福音書9章30節~37節
そのとき、イエスと弟子たちはガリラヤを通っていった。イエスは、それを人に知られることを望まれなかった。それは、「人の子は人々の手に渡され、殺される。しかし、殺されて三日の後に復活する」と弟子たちに教えておられたからである。弟子たちはこの言葉が分からなかったが、尋ねるのを恐れていた。
さて、一行はカファルナウムに着いた。イエスは家に入られると、弟子たちに、「あなた方は道々、何を論じ合っていたのか」とお尋ねになった。弟子たちは黙っていた。それは、誰がいちばん偉いかと、道々論じ合っていたからである。そこで、イエスは腰を下ろして、十二人の者を呼んで仰せになった、「第一の者になろうと望む者は、いちばん後の者となり、またみなに仕える者とならなければならない」。そして、イエスは一人の幼子を弟子たちの真ん中に立たせ、その子を抱き寄せて仰せになった、「わたしの名の故に、このような幼子の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。またわたしを受け入れる者は、わたしを受け入れるのではなく、わたしを遣わされた方を受け入れるのである」。

あなたにオススメ