イエス様に従うという種 年間第24主日(マルコ8・27〜35)

私は、40歳前半の頃に精神的にも召命に対しても苦しい時期がありました。その時助けてくださったシスターから「『ブラザーは◯◯しなければならない。◯◯してはいけない』と思って、ご自分を縛っていませんか」と言われたことがあります。私は、周りの目を気にしていて、いつの間にか「ねばならない病」にかかっていたのです。シスターのこの一言でとても気持ちが楽になることができました。

きょうのみことばは、「ペトロの信仰告白」から始まり、「最初の受難予告」そして「イエス様に従う者とは」という内容です。イエス様と弟子たちは、ガリラヤ湖の北側の「ベトサイダ」で目が見えない人を癒された後、さらに北へ向かって歩まれフィリポ・カイサリア地方に向かいます。ここは異邦人の土地ですが、イエス様はここでも様々な教え伝え、人々を癒されていたことでしょう。イエス様と弟子たちは、行く先々でイエス様の噂を耳にしたのではないでしょうか。イエス様は、弟子たちに「人々は私のことを何者だと言っているのか」とお尋ねになります。人々の声は、「洗礼者ヨハネ」「エリア」そして「預言者の一人」というものでした。人々は、イエス様が他の律法学者やファリサイ派の人とたちと違って、権威を持って教えられ、病を患った人、悪霊に憑かれた人を癒され、パンを増やされて多くの人に分けるなど様々な教えや奇跡を行なっていたことを知っていたからなのでしょう。

それで、イエス様は、弟子たちに「それでは、あなた方はわたしを何者だと言うのか」と尋ねられます。イエス様の質問を弟子たちは、どう思ったのでしょう。彼らも人々と同じように思っていたのでしょうか。それともあまりにも近い存在だったので、イエス様の質問の意味を直ぐに理解することができなかったのでしょうか。ペトロは、弟子たちを代表して「あなたはメシアです」と答えます。イエス様が質問されてからペトロが答えるまでどのくらいの時間が立ったのでしょう。弟子たちはそれぞれ「イエス様の姿」を思いめぐらし、「ああ、ペトロが言ってくれて良かった」と思ったのかもしれません。

イエス様のこの【質問】は、私たち一人ひとりへの【質問】と言ってもいいでしょう。私たちは、福音書を通してイエス様が「救い主」「神の子」であることを知っています。また、弟子たちや人々のようにイエス様の奇跡や教えをも知っています。では、私たちにとってイエス様は、どのようなお方なのでしょうか。イエス様は、私たち一人ひとりと【個人的】な関わりをしてくださいます。そのため、「私にとってのイエス様」は、「優しい方」「厳しい方」「導き手」「改革者」など人によって【イエス観】が違うのではないでしょうか。今一度「私にとってのイエス様」を振り返ってみるのもいいのかもしれません。

イエス様は、ペトロの答えを聞かれたあと「人の子が多くの苦しみを受け、長老や、律法学者たちに排斥され、殺され、そして三日の後に復活する」と弟子たちに言われます。ペトロは、「そんなはずはない、『メシアは今の私たちの苦しみを解放し、預言者のように私たちを導いてくださる指導者だ』」と思っていたのではないでしょうか。ペトロは、自分の中で「【メシア】こうあるべきだ。こうあらなければならない」という強い固定観念があったのかもしれません。それで、イエス様を脇へお連れして、いさめ始めたのでしょう。

イエス様は、ペトロのこの行動に対して「サタンよ、引き下がれ。あなたの思いは、神のものではなく、人間のものである」と叱ります。イエス様は、ペトロに対して「サタン」と言われます。サタンは、イエス様を荒れ野で試みました。サタンの仕事は、イエス様がおん父のみ旨である「受難と死と復活」を通して私たちを贖ってくださることを妨げることでした。ペトロは、知らず知らずのうちにサタンから利用されていたのです。私たちは、良いことをしているつもりの中にもサタンの誘惑に陥ることもあるのかもしれません。

イエス様は、弟子たちとともに群衆を呼び寄せ「わたしに従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架をになって、わたしに従いなさい」と言われます。私たちは、洗礼の恵みを受け、イエス様に従う者となりました。イエス様のこの言葉は、私たち一人ひとりの信仰を強める【メッセージ】ではないでしょか。「自分を捨てること」は【自我】との戦いであり、絶えず自分自身を究明していかなければなりません。「自分の十字架をになうこと」は、信仰生活を歩む中で様々な【十字架】に出会うことを意味しています。それでも、私たちは、イエス様に従おうと歩み続けているのです。

私たちは、まず「イエス様あなたは、どなたですか? 私の思いではなくあなたは、私に『あなたが誰であるか教えてください』」と謙遜な気持ちで尋ねたいものです。私が一生をかけて従うイエス様をもっと良く知り、従って行くことができたらいいですね。

あなたにオススメ