ホスチアとは?――キリスト教知恵袋

ホスチアあるいはホスティア(hostia)とは、ラテン語で「いけにえの供え物」を意味しています。
ミサに使用される儀式用・聖別用に用いられる円形の薄いパンです。「聖体」となるパンのことを言います。

9世紀ごろからラテン教会では、発酵させていない「種なしパン」を用いられるようになりました。
現在もカトリック教会は、水と小麦粉だけで作られたウエハース状のパンをミサに使用しています。

司祭が感謝の祭儀(ミサ)で用いるホスチアは、割って分かち合うため大きなものを使用します。
信徒が聖体拝領においていただくホスチアは、小さいものです。

あなたにオススメ