何が大切かと言う種 年間第22主日(マルコ7・1〜8、14〜15、21〜23)

今はあまり聞きませんが、「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」とか「食べて横になると牛になる」と言う言葉があります。これらのことは、正しい根拠があるわけではありませんが、昔はこのような言葉を子どもに言い伝えることで、健康やしつけなどを教えていたのではないでしょうか。

きょうのみことばは、ファリサイ派の人とエルサレムから来た律法学者たちがイエス様の弟子たちのある人が手を洗わずに食事をしたことを指摘するとことから始まっています。イエス様のガリラヤでの教えや奇跡がエルサレムまで伝わったのでしょうか。あるいは、ガリラヤにいるファリサイ派の人たちがこのままでは、自分たちの権威が危うくなるということでエルサレムの律法学者を呼び寄せたのでしょうか。彼らは、イエス様の評判がこれ以上周りに広がらないようにと、何か訴える口実を探すためにイエス様に近づいたのではないでしょうか。このみことばの中のエルサレムから来た律法学者は、何か特別な権威を持っていた人たちのようです。

彼らが守っている「手を洗わないで、食事をする」や「市場から持ち帰ったものは、まず水で清めてからでなければ、それを食べることはなかった」というのは、私たちが食事の前に手を洗うという衛生面や食べ物についている汚れを落とすという意味ではないようです。みことばには「事実、ファリサイ派の人をはじめユダヤ人たちは、昔の人の言い伝えを固く守り念入りに手を洗わずには食事をせず、……守るように伝えられていることがたくさんあった」とあります。これは、彼らがいう【律法】のことを指しているのです。

そして、ここで問題になっている「汚れた手で、すなわち、手を洗わないで、食事をする」というのは、祭儀の時に祭司が手を洗って食事することを意味していたようです。ファリサイ派の人や律法学者たちは、その祭儀的な食事を一般の食事や人々にまで厳しく伝えていたのではないでしょか。また、彼らは、「汚れること」に対して敏感だったのかもしれません。「市場から……」というのは、異邦人が触れた品物があるかもしれませんし、ユダヤ人自身も市場で異邦人たちとすれ違って接触することで自分自身を汚すということを嫌っていたのではないでしょうか。常に彼らは、「清さ」を保とうとしていたのでしょう。このことは、ある意味私たちが、人を差別したり、障がいがある人や気が合わない人との距離を置いたりという気持ちに似ているのかもしません。

イエス様は、彼らに対して「イザヤはいみじくもあなた方偽善者について預言した。それはこう書き記している。『この民は口先でわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。彼らはわたしを拝むが、むなしいことである。彼らの教える教えは人間の造った戒めであるから』あなた方は神の掟をなおざりにし、人間の言い伝えを固く守っている」と言われます。イエス様は、ファリサイ派の人や律法学者たちが人々に守らせている「たくさんの掟」のほとんどが「神からのものではなく人間が造ったもの」であると言われています。モーセは、「わたしが命じる言葉にあなたたちは何も付け加えてはならない。また何も減らしてはならない。」(申命記4・2)と言っています。しかし、長い歴史の中でファリサイ派の人や律法学者たちは、モーセのいうことを忘れてしまったのでしょう。イエス様は、何が本当に大切なものなのかを彼らに気づかせようとされたのではないでしょうか。

イエス様は、ファリサイ派の人や律法学者たちに話された後、群衆に向かって「みな、わたしの言うことを聞いて悟りなさい。外から人の中に入るもので、人を汚すことのできるものは何一つない。人の中か出るものが人を汚すのである」と言われます。イエス様は、ファリサイ派の人や律法学者たちが言っている「汚れ」ということを、「手を洗う」こと「市場から持ち帰ったものを洗う」ことをしなくても「汚れる」ことはなく、本当に私たちを汚すのは、内部からの物と言われています。そして「すなわち人の心の中から邪念が出る。姦淫、盗み、殺人……高慢、愚かさなど、これらの悪はすべて内部から出て、人を汚すのである」と言われます。このイエス様の言葉は、私たちには「耳が痛い」ところもあるのではないでしょうか。イエス様が言われた人を汚すものは、おん父の愛と正反対であり、おん父から引き離すものなのです。

では反対に、人を汚すものではなく清くするものは何でしょうか。パウロは、「霊の結ぶ実は、愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません」(ガラテヤ5・22〜23)と伝えています。私たちは、パウロが言う【霊の結ぶ実】を実らせたらどんなに素晴らしいことでしょう。私たちは、今一度、何が大切なものか、自分の都合なのかおん父のみ旨なのかをゆっくりとみことばを黙想しながら振り返ってみることができたらいいですね。

あなたにオススメ