年間第22主日(2018年9月2日)福音書のメッセージ動画

批判する人 批判される人
人は傷付け 人は傷付く
イエスは人を批判しなかった
イエスは人を裁かなかった
イエスは 人を裁かない「秘訣」を持っていた

今、森司教が イエスの秘訣を解き明かす!

マルコによる福音書 7章1節~8節、14節~15節、21節~23節
そのとき、ファリサイ派の人々とエルサレムから来たいく人かの律法学者たちとが、イエスのもとに集まった。そして、彼らは、イエスの弟子たちのうちのある者が汚れた手で、すなわち、手を洗わないで、食事をしているのに目を留めた。事実、ファリサイ派の人々をはじめユダヤ人はみな、昔の人の言い伝えを固く守り、念入りに手を洗わずには食事をせず、また市場から持ち帰った物は、まず水で清めてからでなければ、それを食べることはなかった。なおこのほかにも、杯、鉢、銅器、並びに寝台を洗い清めることなど、守るように伝えられていることがたくさんあった。――そこで、ファリサイ派の人々と律法学者たちはイエスに尋ねた、「どうしてあなたの弟子は昔の人の言い伝えどおりに振る舞わず、汚れた手で食事をするのか」。イエスは仰せになった、「イザヤはいみじくもあなた方偽善者について預言した。それはこう書き記している。
『この民は口先でわたしを敬うが、
その心はわたしから遠く離れている。
彼らはわたしを拝むが、むなしいことである。
彼らの教える教えは人間の造った戒めであるから』。
あなた方は神の掟おきてをなおざりにし、人間の言い伝えを固く守っている」。
それから、イエスは再び群衆を呼び寄せて仰せになった、「みな、わたしの言うことを聞いて悟りなさい。外から人の中に入るもので、人を汚すことのできるものは何一つない。」内部、すなわち人の心の中から邪念が出る。姦かん淫いん、盗み、殺人、姦通、貪欲、悪行、詐欺、卑 猥、妬み、謗り、高慢、愚かさなど、これらの悪はすべて内部から出て、人を汚すのである」。

あなたにオススメ