神のいつくしみ 復活節第2主日(ヨハネ20・19~31)

今日の復活節第2主日は、「神のいつくしみの主日」とも言われます。ヨハネ・パウロ二世が教皇であった時にこの主日が定められました。

「いつくしみ」とは、どんな意味が込められているのでしょうか。「国語辞典」を調べてみると「いつくしむ」は「かわいがり大切にする。いとおしむ」。「漢和辞典」には、「はぐくみ育てる心持ち」とあり、「かわいがる。情けをかける。めぐむ。なさけ。仏の衆生に垂れる広大無辺の愛」と記されています。日本語の意味としては、「かわいがる」「情けをかける」の意味が強いようです。

ヘブライ語では「ラハミーム」が用いられ、それは「たくさんの母胎によって包み込まれる」という意味です。またギリシア語では「スプラングニゾマイ」が使われ、それは「内臓/はらわた」という意味に由来するものです。古代ギリシアにおいて、人間が亡くなった時、いちばん最初に腐っていくのは、「内臓」や「はらわた」と考えました。腐りやすい部分だけに、人間にとっていちばん弱い部分と考え、その部分に「いつくしみ/憐れみ/同情」の気持ちが出てくるようになり、こうした意味が生じるようになったと言います。またラテン語では「ミゼリコルディア」が使われています。「ミゼル」は「不幸な、哀れな、嘆くべき痛ましい、取るに足りない嫌忌すべき、不健康な、病気の」と言った意味があり、「コルディア」の「コル」は、「心、感情・気持ち、理解」などの意味があり、そこから「いつくしみ/あわれみ」と訳されています。このように「いつくしみ」の意味を、ヘブライ語、ギリシア語、ラテン語で調べてみると、日本語とは違った味わいがあります。

今日のみことばで、イエスの復活をなかなか信じることのできないトマスに対して、イエスは根気強く接していきます。これもまたいつくしみの現れです。「あなたは、わたしを見たから信じたのか。見ないで信じる人たちは幸いである」(ヨハ19・29)ということばは、イエスから叱られたようにも思えますが、むしろトマスに対して根気強くかかわっていくイエスの寛大な姿がよく見えてきます。イエスのいつくしみを身近に感じてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
  2. 東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみ…
  3. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 東京都内の四谷近辺にはけっこう古いお寺があり、そこにはたくさんの墓地が併設されています。昼間はともか…
  5. 国内・海外に数多くの観想修道院があり、日々「祈りと労働」がささげられ、その実りとして品質の高い製品が…

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!「病院まで一緒に付き添って来て!」付き添いって何するの? というか、不安。実…
  2. 私たちは、どのような時におん父から恵みをいただいたかということが分かるでしょうか。おん父は、私たちが…
  3. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  4. 【ロザリオの秋、お気に入りのロザリオを見つけに行きませんか?】過ごしやすい気候で何をするにも楽しい…
  5. とまにちわ!いい感じの季節になりました。東京も桜が満開みたい!?おまけに、花粉症と風邪が…
PAGE TOP
Translate »