聖母の被昇天(2018年8月15日)福音書のメッセージ動画

神が「目を留めてくださった」ことを
讃えて祈るマリア

私たちの人生は
マリアのように
神に愛されている喜びがあふれ出て
周りの人に喜びを与えるものになっているだろうか?

ルカによる福音書1章39節~56節
そのころ、マリアは旅立って、急いでユダの山地にある町に向かった。そしてザカリアの家に行き、エリサベトに挨拶した。エリサベトがマリアの挨拶を聞くと、胎内の子が躍り、エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに叫んで言った、「あなたは女の中で祝福された方。あなたの胎内の子も祝福されています。わたしの主の御母が、わたしのもとへおいでくださるとは、いったい、どうしたことでしょう。あなたの挨拶の声が、わたしの耳に入ったとき、胎内の子が喜び躍りました。主から告げられたことが成就すると信じた方は、ほんとうにお幸せなことです」。
そこでマリアは言った、
「わたしの魂は主を崇め、
わたしの霊は、
救い主である神に、喜び躍ります。
主が、身分の低いはしために、
目を留めてくださったからです。
そうです、今から後、いつの時代の人々も、
わたしを幸いな者と呼ぶでしょう。
力ある方が、
わたしに偉大な業を行われたからです。
その名は尊く、
その憐れみは代々限りなく、
主を畏れる者に及びます。
主はその腕をもって力ある業を行われ、
心の思いの高ぶった者を、追い散らされました。
権力をふるう者をその座から引き下ろし、
身分の低い者を引き上げられました。
飢えた者を善いもので満たし、
富める者をむなしく追い返されました。
主は憐れみを心に留め、
その僕、イスラエルを助けてくださいました。
わたしたちの先祖に仰せになったとおり、
アブラハムとその子孫に対してとこしえに」。
マリアはエリサベトのもとに三か月ほど滞在した後、家に帰った。

あなたにオススメ