サイゴン市内の学校と修道院

ベトナム語の学校へ行くために、いつも30番を降りて、学校へ行きます。学校へ行く途中、シャルトル聖パウロ修道女会とサイゴン神学院を通っていきます。

シャルトル聖パウロ修道女会の隣はサイゴン大学、高校、中学になっていますが、現在は政府のものになっています。

建物を見る限り、だれがどう見ても修道会の学校であったことは一目瞭然です。建物の造りが全く同じですから…。ベトナム戦争後、政府に没収されたのでしょうか…。

いつか、もとのカトリック校になるといいなあと思いながら、近くを歩いています。道路を隔てて反対側には、白亜の観想修道院があります。

その隣はサイゴントレードセンターの建物で、モスクをイメージしたような建物になっています。観想修道院の建物とオイルマネーの建物が対照的で、言葉で表現できない感じです。

観想修道院は歴史があり、とてもきれいな建物なので、くれぐれも政府の目にかからないことを願っています。

あなたにオススメ