年間第18主日(2018年8月5日)福音書のメッセージ動画

朽ちる食べ物を求めて
一生懸命働く私たち

永遠の命に至る食べ物のために働くよう
呼び掛けるイエス

その食べ物に出会えるのは
自分の魂の飢え渇きに
目覚めていくとき

ヨハネによる福音書6章24節~35節
五千人がパンを食べた翌日、その場所に集まった6群衆は、イエスも弟子たちもそこにいないことを知ると、自分たちもそれらの小舟に乗り込み、イエスを捜し求めて、カファルナウムに来た。そして、湖の向こう岸でイエスを見つけると、「ラビ、いつこちらにおいでになったのですか」と言った。
イエスは彼らに答えて仰せになった、
「よくよくあなた方に言っておく。
あなた方がわたしを捜し求めるのは、
徴しるしを見たからではなくパンを食べて満腹したからである。
なくなってしまう食べ物のためではなく、
いつまでもなくならずに、
永遠の命に至らせる食べ物のために働きなさい。
これは、人の子があなた方に与えるものである。
その人の子を、
父である神が確認されたからである」。
すると人々は、「神の業を行うには、何をすればよいのですか」と尋ねた。イエスは彼らに答えて仰せになった、「神が遣わされた者をあなた方が信じること、これが神の業である」。そこで、彼らは言った、「それでは、わたしたちが見て、あなたを信じるために、あなたはどんな徴を行ってくれますか。どんなことを行うのですか。わたしたちの先祖は荒れ野でマンナを食べました。
『彼は天からのパンを
彼らに与えて食べさせた』
と書き記されているとおりです」。そこで、イエスは彼らに仰せになった、
「よくよくあなた方に言っておく。
モーセが、天からのパンを
あなた方に与えたのではない。
わたしの父が、天からのまことのパンを
あなた方にお与えになる。
神のパンは、天から降ってきて、
世に命を与えるものだからである」。
そこで、彼らはイエスに向かって、「主よ、そのパンをいつもわたしたちにお与えください」と言った。イエスは彼らに仰せになった、
「わたしが命のパンである。
わたしの所に来る者は、
決して飢えることがなく、
わたしを信じる者は、もはや決して渇くことがない」。

あなたにオススメ