【無関心でいられるものはこの世に何一つありません】

【無関心でいられるものはこの世に何一つありません】
わたしたちの後に続く人々、また今成長しつつある子供たちのために、わたしたちは一体どのような世界を残していきたいのでしょうか?

今日はサンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>から、教皇フランシスコの回勅『ラウダート・シ―ともに暮らす家を大切に』をご紹介いたします。

これまで環境問題に言及されたことはありますが、環境問題に対するカトリック教会としての責任を回勅全体で述べたのはこれが初めてです。

回勅の表題は、アッシジの聖フランシスコの「太陽の賛歌」の中の言葉「ラウダート・シ、ミ・シニョーレ」(「わたしの主よ、あなたは称えられますように」の意)から取られています。

大気、海洋、河川、土壌の汚染、生物多様性の喪失、森林破壊、温暖化、砂漠化、山積された廃棄物……。人間の活動が他者と全被造物とに与える影響に関する、連帯と正義の観点からの考察。しわ寄せを被る開発途上国と将来世代に対し、担うべき責任とは何かを問うています。

■ラウダート・シ―ともに暮らす家を大切に(カトリック中央協議会)
本体:1,400円+税

★サンパウロ東京店 キリスト教書籍フロアー
東京都新宿区四谷1-2 1F・2F
電話:03-3357-8642(書籍)
営業時間:月曜〜土曜10:00〜18:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. インターネット通販<パウルスショップ>の【3.11 東日本大震災から7年】の特集ページはチェックされ…
  2. 使徒言行録を読み、パウロ書簡を読むにつけ、パウロとアンティオキア教会との関係が気になります。第一回宣…
  3. 「人生いろいろ……」こんなフレーズで始まる歌謡曲が、ひと昔前に流行ったことがある。その歌の内…
  4. 「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになった…
  5. 「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
PAGE TOP
Translate »