「平成三〇年七月豪雨」(西日本豪雨)被災者のための祈り

広島、岡山の両県を管轄するカトリック広島教区は、7月13日、「西日本豪雨被災者」のための祈りと共同祈願を公表し、祈りによる支援を呼びかけている。

「平成三〇年七月豪雨」(西日本豪雨)被災者のための共同祈願
(例文)
・西日本豪雨に伴って突然いのちを奪われた方々を顧み、永遠の慰めを与えてください。また、すべての被災者には、必要な助けと困難を乗り越える勇気を与えてください。
・今回の豪雨によって亡くなられた方々には永遠の安らぎを、また、被災されて種々の困難の中にある人々には、必要な助けを与えてください。

「平成三〇年七月豪雨」被災者のための祈り
いつくしみ深い神よ、
平成三〇年七月に起こった豪雨とその二次災害によって、
いのちを奪われた方々を、あなたの家に迎え、永遠の安息を与えてください。
あなたは、また、苦しみの中にある人々とともにいて、慰めてくださいます。
すべての被災者を顧み、必要な助けの手を差し伸べ、
遭遇している困難を乗り越える勇気と力で強めてください。
そして、周りの善意の人々が互いに協力して、
支援の輪を広げていくことができるよう、助け導いてください。
すべての被災者が一日も早く平穏な生活に戻ることができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

(広島教区版 二〇一八年七月一三日 白浜司教 認可)

カトリック広島司教区情報サイト
http://www.hiroshima-diocese.net/

あなたにオススメ