年間第14主日(2018年7月8日)福音書のメッセージ動画

イエスは人間のbeingと向き合う

doingが評価される社会で
自分の居場所を見出せず苦しむ人たち

彼らがイエスの豊かなbeingと出会い
希望を見出していけるよう
キリスト者としての役割を考えたい

マルコによる福音書 6章1節~6節
そのとき、イエスは、郷里に行かれたが、弟子たちもついて行った。そして安息日になったので、イエスは会堂で教え始められた。すると、聞き入る多くの人々は驚いて言った、「この人はどこからこういうことを授かったのだろう。このような力ある業さえ行う知恵をもっているとは。この人は大工ではないか。マリアの子、またヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。そしてまた、姉妹たちは、わたしたちと一緒にここにいるではないか」。このように人々はイエスにつまずいた。それで、イエスは、「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、親族の間、またその家においてだけである」と仰せになった。そこではただ少数の病人に手を置いて治されただけで、そのほかは何も奇跡を行うことがおできにならなかった。そして、郷里の人々の不信仰に驚かれた。

あなたにオススメ