イエス様に触れるという種 年間第13主日(マルコ5・21〜43)

ある年の「年の黙想」の「ゆるしの秘跡」の日でした。私は、他の修道者と一緒に小聖堂で自分の順番が来るのを究明しながら待っていました。だだ、自分の罪深さのため司祭の部屋に行くことがなかなかできませんでした。そのため、自分の順番が来ても次の人に先に行ってもらい、とうとう小聖堂には、私一人となりました。ふと私は「出血病の女」の箇所を思い出して小聖堂の聖櫃に触れたのです。その時、今まで私の中で絡まっていた何かが解け「ゆるしの秘跡」を受けることができました。不思議なことに私は、「ゆるしの秘跡」の後、今まで悩んでいたその罪への誘惑から守られているという恵みもいただいたのです。

きょうのみことばは、「ヤイロの娘と出血病の女」の奇跡の場面です。会堂司の一人であるヤイロがイエス様の足元にひれ伏して「わたしの幼い娘が死にかかっています。どうか、おいでになって娘の上に手を置いてやってください。そうすれば、娘は救われ、生きるでしょう。」と懇願します。ヤイロは、会堂司としていくつかの会堂を管理する役職を持っていましたし、イエス様が律法学者たちから「ベルゼブルに取り憑かれている」とか「悪霊の頭によって悪霊を追い出している」(マルコ3・22)と言われていることを耳にしたことでしょう。それでも彼は、自分の娘の命を救うために群衆の前で恥も外聞も無く足元にひれ伏してイエス様に懇願したのです。イエス様は、彼のその謙遜さ、娘を思う気持ちに心を打たれたのでしょう彼の家に一緒に行かれます。

彼が言った「どうか、おいでになって娘の上に手を置いてやってください。そうすれば、娘は救われ、生きるでしょう。」の「手を置いてやってください。」という「手を置く」というのは、「神の恵みと力」を表す意味があるようです。ヤイロは、会堂司ということもあるでしょうが、おん父への信仰も深かったのでしょう。私たちも彼のようにイエス様にお祈りができたらいいですね。

イエス様とヤイロが一緒に行かれているとき、12年もの間、出血病を患った女性がイエス様のことを聞き、群衆に交じって後ろの方からイエス様の衣に触れます。彼女は、それまで多くの医者にかかっても、病気が治らずますますひどくなり、さらに、財産もことごとく使い果たします。当時、この病気は、「汚れた病」と言われていて、彼女が触れるものも「汚れる」と言われていました。さらに、「汚れた者」は、皆と一緒に会堂で礼拝することも禁じられていました。彼女は、「出血病」の苦しみだけではなく、周りからの疎外感と何よりも「おん父への礼拝」ができないという三重の苦しみを負っていたのです。彼女が、群衆に混じりながら、しかも後ろのほうからイエス様の衣に触れたのは、イエス様が「汚れた者」とならないようにという気持ちと、でもどうしても「出血病」から解放されたいという気持ちがあったからではないでしょか。

みことばは、「イエスの衣にさえ触れることができれば、救われるに違いないと思っていたからである。」とあります。彼女は、医者から見放され、財産も使い果たし、こうなったらイエス様のお力にすがるほかに助かることができないという彼女の信仰の深さを感じます。このことは、私たちにも言えることではないでしょうか。私たちは、時に「自分の力でなんとかしよう」と頑張りますが、時間や労力を費やしても、うまくできないことがあります。そのような時、心から「イエス様の衣に触れてみれば」という気持ちに立ち返ってみることもいいかもしれません。

彼女は、イエス様の衣に触れた時、自分の病気が治ったことを体に感じます。このことも一つの信仰の表れと言えるでしょう。自分の体の変化に気がつくということは、「私」と深く向かい合っているということの表れではないでしょうか。私たちは、いつもイエス様からの恵みに敏感でいることも大切ですし、感じることで頂いた恵みに感謝することができることでしょう。イエス様は、彼女に「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうこの病気に悩むことはない」と言われます。彼女は、本当に安心と安らぎ、言葉にできないほどの平安という恵みをいただいたことでしょう。

その時、会堂司の家から人々が来て「お嬢さんが亡くなられた。」とヤイロに告げます。イエス様は、それを聞かれヤイロに「恐れることはない。ただ信じなさい」と言われます。私たちが人間的に見て「もうだめだ」という「絶望」のどん底の時でもイエス様は、「恐れることはない。ただ信じなさい」と言われるのではないでしょうか。イエス様は、私たちに「ただ信じる」という【信仰】の大切さを気づかせてくださいます。また、「恐れる」ということの中には「自分の【エゴ】」があるのかもしれません。

私たちは、どうしようもない問題を目の当たりにした時、「恐れることなく、イエス様の衣に触れるとなんとかしてくださる」という【信仰の恵み】をいただくことができたらいいですね。

あなたにオススメ