ひれ伏して願う 年間第13主日(マルコ5・21~43)

今日のみことばには二人の女性が登場します。一人はヤイロの娘、もう一人は出血病の女性です。
 
会堂長だったヤイロの娘が死にかけています。最愛の娘が亡くなりかけている状況にヤイロはイエスの前で「ひれ伏して」お願いします。何とかしてほしいというそんな思いが強かったことでしょう。それを分け入るかのように12年間も出血の止まらない女性が登場します。

ヤイロの必死な思いを考えると、イエスが道草を食う余裕はないのでしょうが、イエスはこの女性のもとで立ち止まります。女性はイエスの服にさえ触れれば何とかなるという熱い思いを持っていました。これまでにもこの女性は、出血が止まらないということで、人々から不浄な女性とみられ、冷遇視されていました。

さらに多くの医者にかかり、自分の持ち物全てを使い果たし、何のかいもなく、かえってひどくなる状況でした。本人にしてみれば、治る見込みがないと何度となく諦めていたのではないでしょうか。また心身ともに疲労困憊していたことでしょう。

しかし、イエスとの出会いを通して、状況が一転します。「何とかなる」というそんな思いを持ちます。服に触れさえすれば自分は治るという信仰を…。この女性も「ひれ伏して」イエスに願っていきます。こうした謙虚な態度が、イエスの心を揺さぶったのではないでしょうか。

さて中断していたヤイロの娘はやがて亡くなったという知らせがイエスの耳に入ります。多くの人々は亡くなったことに対して泣きわめいていました。しかし、イエスは「眠っているのだ」と言います。当然のことながら、人々はイエスをあざ笑います。イエスが子供の手を取り、「タリタ・クム」というと少女は起き上がります。

信仰の結果がいつも不思議な出来事を引き起こしていきます。私たちの信仰のあり方を問いかけてくれる出来事ではないでしょうか。

あなたにオススメ