「若者、信仰そして召命の識別」テーマのシノドス、討議要綱発表

2018年10月、バチカンで開催される、「若者、信仰そして召命の識別」をめぐる世界代表司教会議(シノドス)のための「討議要綱」が発表された。

討議要綱の構成は以下のとおり。

・序文

・第一部 認める:現実に耳を傾ける教会
  第1章:今日、若者であるということ 
  第2章:経験と表現
  第3章:切り捨ての文化の中で
  第4章:人間学的・文化的挑戦
  第5章:若者に耳を傾ける

・第二部 判断する:信仰と召命の識別
  第1章:若さの祝福
  第2章:信仰の光に照らされた召命
  第3章:召命識別のダイナミズム
  第4章:共にいて見守る技術

・第三部 選択する:司牧的・宣教的回心の歩み
  第1章:統合的な展望
  第2章:日常生活に深く分け入る
  第3章:福音化された、福音宣教する共同体
  第4章:司牧の活性化と組織化

・結び

同討議要綱は、インターネットを通した質問書に対するおよそ10万人の青少年の回答や、シノドス準備会議の結果など、多くの資料を基に起草され、若者たちの現実を読み解くためのヒントを提供している。

世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会は、「若者、信仰、そして召命の識別」をテーマに、22018年10月3日から28日まで開かれる。

あなたにオススメ