洗礼者ヨハネの誕生(2018年6月24日)福音書のメッセージ動画

様々な挫折を体験する私たち。

人生のドラマの中で
自分の限界、頑なさを知り、
謙虚さを学ぶ

そんな私たちを導き、支える神の手に
心を開いているだろうか?

ルカによる福音書 1章57節~66節、80節
さて、月が満ちて、エリサベトは男の子を産んだ。近所の人々や親族は、主がエリサベトに大きな憐れみをおかけになったことを聞いて、ともに喜んだ。
そして八日目に、幼子に割礼を施しに来た人々は、父の名に因み、ザカリアと名づけようとした。しかし、母親は言った、「それはいけません。ヨハネと名づけなくてはなりません」。人々は、「あなたの親戚には、そういう名の人は一人もいない」と言い、父親に、この子を何と名づけたいかと、手まねで尋ねた。彼は書き板を持って来させ、「その名はヨハネ」と書いた。人々はみな不思議に思った。すると、ザカリアの口が立ちどころに開け、舌が自由になり、神をほめたたえた。近所の人々はみな恐れた。そして、このことはすべて、ユダヤの山地の至る所で話題となった。これを聞いた人々はみな、このことを心に留めて、「この幼子は、いったいどうなるのだろうか」と語り合った。まことに、主の手がこの幼子とともにあった。
幼子は成長し、その精神も強くなった。そして、イスラエルの民の前に現れる日まで、荒れ野に住んでいた。

あなたにオススメ