年間第10主日(2018年6月10日)福音書のメッセージ動画

あの男は気が変になった…
悪霊にとりつかれている…

これがイエスに対する最初の評価。

やがて、人々は問い始める。
キリストはいったい何者なのか?

十字架上の死後、
最終的な答えが示される。

マルコによる福音書3章20節~35節
そのとき、イエスが家に戻られると、また群衆が集まってきたので、一同は食事をする暇さえなかった。イエスの身内の者たちはこのことを聞いて、イエスを連れ戻しに来た。「彼は気が変になった」と言う者がいたからである。
また、エルサレムから下って来た律法学者たちは、「イエスはベルゼブルに取り憑かれている」と言い、また「悪霊の頭によって悪霊を追い出している」とも言っていた。そこで、イエスは彼らを呼び寄せ、喩えをもって語られた、「どうしてサタンがサタンを追い出すことができようか。もし国が仲間割れするなら、その国は立ち行かない。また、もし、家が仲間割れするなら、その家は立ち行かない。もしサタンが自分自身に逆らうなら、サタンは仲間割れし、立ち行くことはできず、かえって滅びてしまうであろう。また、先に強い人を縛りあげなければ、誰もその強い人の家に入って家財を奪うことはできない。縛りあげてはじめて、その家を荒らし回ることができる。あなた方によく言っておく。人の子らが犯すすべての罪と、神に対する冒瀆は、ことごとく赦される。しかし、聖霊に対して冒瀆の言葉を口にする者は、永遠に赦しが得られず、永遠に罪の責めを負う」。こう仰せになったのは、「彼は汚れた霊に憑かれている」と人々が言ったからである。
さて、イエスの母と兄弟たちが来て、外に立ち、人をやってイエスを呼ばせた。そこで、イエスの近くに座っていた人々がイエスに、「母上と兄弟方が、外であなたを待っておられます」と知らせた。すると、イエスは答えて仰せになった、「わたしの母、わたしの兄弟とは誰か」。そして、ご自分を囲んで輪をつくって座っている人たちに目を注ぎながら仰せになった、「見なさい、これがわたしの母、わたしの兄弟である。神のみ旨を行う者は誰であれ、わたしの兄弟、わたしの姉妹、わたしの母である」。

あなたにオススメ