キリストの聖体(2018年6月3日)福音書のメッセージ動画

キリストの御体と御血の記念。
最初の弟子たち、
初代教会の信者たちも、
カトリック教会も
ここから力を汲みとった。
最後の晩餐でのイエスの思いに
今、ミサの中で出会えるだろうか!

マルコによる福音書14章12節~16節、22節~26節
過越の小羊を屠る除酵祭の第一日に、弟子たちはイエスに尋ねた、「わたしたちは過越の食事を用意するために、どこに行ったらよいのでしょうか」。イエスは次のように仰せになって、二人の弟子を遣わされた、「町に行きなさい。そこで、水瓶を担いだ男に出会うであろう。その人について行き、その人が入っていく家の主人に言いなさい、『わたしが弟子たちとともに、過越の食事をする部屋はどこか、と先生が言っております』。すると、その主人は準備の整った二階の大広間へ案内してくれるであろう。そこにわたしたちのために用意しなさい」。そこで、二人の弟子は出かけた。町に行ってみると、イエスが仰せになったとおりであったので、過越の食事を用意した。
さて、一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美をささげて、これを裂き、弟子たちに与えて仰せになった、「取りなさい。これはわたしの体である」。また、杯を取り、感謝をささげて、彼らに、お与えになった。彼らはみな、その杯から飲んだ。すると、イエスは仰せになった、「これはわたしの血、多くの人のために流される契約の血である。あなた方によく言っておく。神の国で新しいぶどう酒を飲むその日まで、わたしは二度とぶどうの実からできたものを飲むことはない」。
そして、一同は歌を歌ってから、オリーブ山へ出かけた。

関連記事一覧