前田万葉大司教を枢機卿に親任 日本人では6人目

ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区の前田万葉(まえだ・まんよう)大司教(69)を含む14人を、新たに枢機卿(すうききょう)として親任すると発表した。

枢機卿(すうききょう)とは?
枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問。重要な案件について教皇を直接に補佐する枢機卿団を構成すると同時に、個々の枢機卿は、教会全体にかかわる日常的な職務について教皇を助ける。また教皇選挙権は枢機卿だけがもつ。枢機卿は、原則として司教の叙階を受けた人の中から教皇が自由に任命し、任期は設けられていない。

白柳枢機卿が亡くなってから、日本は枢機卿不在となっていたが、今回、前田新枢機卿を迎えることで、9年ぶりに日本にも枢機卿が誕生することとなる。

大阪大司教 トマス・アクィナス 前田万葉
1949年3月 3日 長崎県南松浦郡新上五島町仲知に生まれる
1975年3月19日 司祭叙階
2011年6月13日 広島教区司教に任命される
2011年9月23日 司教叙階
2014年8月20日 大阪教区大司教に任命される
2014年9月23日 着座
2018年5月20日 枢機卿に任命される

関連記事一覧