神のいつくしみ 四旬節第4主日(ルカ15・1~3、11~32)

今日の箇所のタイトルは「放蕩息子」と付けられたりしますが、実際には「お父さんのいつくしみ」「お父さんの憐れみ」「神のいつくしみ」と表現したほうがいちばん的確かもしれません。二人の兄弟がいますが、お父さんは二人の息子(弟と兄)に対して決して怒らず、ずっと忍耐強く待ち続けます。

まず弟に対してはどうでしょうか。弟は遺産をもらって旅に出て、財産を使い果たしてしまいます。空腹になり、豚の食べるいなご豆で、空腹を満たすほどでした。最低の立場になりますが、やがてお父さんのもとへ帰る気持ちになります。そこにはお父さんが自分を迎えてくれるという確信があったからこそ、できたのではないでしょうか。「お父さんに怒られる」「いやみを言われる」という不安があれば、帰る気持ちになりません。お父さんの寛大さ、温和さを感じてのことです。「まだ遠く離れていたのに、父は息子を見つけ、憐れに思い、走り寄って首を抱き、口づけを浴びせた」(ルカ15・20)という行動がそれを物語っています。お父さんがどんなに待っていたかが分かるのではないでしょうか。

一方、兄のほうはどうでしょうか。とても厳しく弟を糾弾します。兄弟なのにそこまで言うのかと思うほどに…。兄のほうは「長年、お父さんに仕えてきました」「一度も言いつけに背いたことがない」「子山羊一匹もくださらなかった」「あの息子」など、愚痴を立て続けに並べていきます。何でも不平不満、愚痴の塊のような人に出会ったりします。いろいろ聞いていると、人生で何が楽しいのだろうか、満足するような時があるのだろうか、感謝する時があるのだろうかと想像します。兄の場合にはその姿と同じです。お父さんの言葉が印象的です。「子よ、お前はいつもわたしとともにいる。わたしのものはすべてお前のものだ」(ルカ15・31)と。この言葉から、兄はどんなに大きな愛情をお父さんからいただいているのでしょうか。私たちもまた同様に、父である神のいつくしみをいろいろな出来事の中で感じてみましょう。

あなたにオススメ