ちょっと理解できないベトナムの横断歩道

2018年5月、ベトナム語の授業が終わって、いつものように30番のバスに乗るために、サイゴン神学院前へ来た時です。いつもと違う光景にびっくりしました。

一年前は高い木があり、緑も多くて、とても快適な街並みでした。

それが今年の1月くらいから電線などにひっかかるというような理由で伐採され始めました。50年近く、日陰を作ってきただけにとても寂しいものでした。

今年の3月下旬には広い道になったものの、中央分離帯が不明確でしたが、今日、見てみるとしっかりとした中央分離帯ができていました。

これまで、バイクは左折しながら簡単にサイゴン神学院へ入れたのですが、この分離帯ができたために、200m先まで行ってユーターンすることになり、とても不便です。しかも横断歩道の所を見ると、バイクが左折できないように30cmくらいの壁ができています。

日本でこんなことをしたら、住民から苦情がするにくるだろうなあと思います。中央分離帯ができたのはよいとしても、横断歩道の所まで、仕切っていくのはちょっと理解できないなあと思いました。

そんな中、伐採された木から、新しい芽が出ていて、再生のきざしも感じました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. パウロはマリア様と出会ったことがあるのでしょうか。パウロは、マリア様について何か言っていますか。…
  2. 【懐かし写真館】聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。今回は東京都八王子市にあった…
  3. パウロ家族合同(召命担当者)の「祈りの集い」が行われました。テーマは、『いただいた、恵みに気づくマイ…
  4. 主の復活から一週間が経ちました。トマスの信仰告白の大事な所ですが、今日はその前に出てくる箇所、つまり…
  5. クリスマスを祝って2日後の12月27日に、教会は「聖ヨハネ使徒福音記者」を祝います。このヨハネは12…
PAGE TOP
Translate »