昇天と別れ 主の昇天(マルコ16・15~20)

主イエスが天に昇られることは、弟子たちとの別れを意味します。長い間、イエスと生活を共にしてきた弟子たちにとっては、どんなに寂しい思いを感じたことかと思います。イエスの昇天後、自分たちだけでどうやっていけばよいのか、彼らはとても不安に感じたのではないでしょうか。

人との別れはだれにとっても寂しいものです。もう35年前になりますが、司祭叙階一年前に私の父が心不全で亡くなりました。67歳でした。その当時、私は神学科4年生で、司祭叙階まであと一年という段階でした。東京の瀬田にあるアントニオ神学院で学んでいましたが、父の具合が悪くなったのは、1983年10月28日の午前八時くらいで、亡くなったのは同じ日の午前10時50分でした。とても短い時間での死でした。

その日の夕方、ブラザーの叔父とともに葬儀のため郷里の長崎へ行きましたが、父が亡くなったことはまだ信じられませんでした。長崎空港から松浦市まで車で約2時間の道のりですが、家に到着し、父の顔を見た時は何だか眠っているようでした。でも父の額に触ってみた時、とても冷たくて、「あー、確かに父は亡くなったのだなあ」と実感しました。

主イエスは昇天していきますが、天に上げられる前に、「全世界に行き、造られたすべてのものに福音を宣べ伝えなさい」(マルコ16・15)と語ります。イエスは、地上から離れていきますが、悲しい時、辛い時にも、みことばを宣べ伝える使命を、イエスは私たちに託していきます。私たちの力だけでは不十分ですが、イエスは聖霊を約束していきます。その助けによって私たちはまた、勇気をもって宣教に専念できるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. モンテ・カルメロ修道院のはちみつと、天然ハーブを凝縮したハーブミックスのシロップです。木々が自らを守…
  2. 私が司祭に叙階された年は一九五七年七月七日で、場所はローマの聖パウロ会本部に併設された「使徒の女王聖…
  3. とまにちわ!いい感じの季節になりました。東京も桜が満開みたい!?おまけに、花粉症と風邪が…
  4. 川嶋乃笑さんは、「自由気ままでツンデレ」と周りから呼ばれる高校生。乃笑さんは、高校一年生のとき、AC…
  5. 10月19日に任意の記念日として祝われる十字架の聖パウロは、日本でも活躍している御受難修道会の創立者…
PAGE TOP
Translate »