互いに愛し合う 復活節第6主日(ヨハネ15・9~17)

2015年3月17日、長崎の大浦天主堂で信徒発見150年の記念のミサが開かれました。日本の教会史にとって一つの節目であり、その歴史はとても素晴らしいものです。信徒たちが困難の中にあっても信仰を受け継ぎ、伝えていった歩みを垣間見ることができます。

キリシタンたちに禁教令が全国に出されたのは、1614年のことです。それに伴って迫害がだんだん厳しくなり、踏絵も行われるようになって取り締まりも強化されていきました。そういう中で信仰を受け継いでいくのは、並大抵のことではなかったはずです。それでも、信徒たちは次世代に信仰を伝えていきました。この出来事で忘れてはならないことは、一人ひとりの信仰もそうでしょうが、厳しい環境の中でもお互いに助け合い、励まし合うことができたからこそ、伝わっていったのではないでしょうか。

外海の山奥に、バスチャンが住んでいただろうという住居跡が残っています。一度、訪問したことがありますが、外海地区の出津や黒崎から山奥の深い所に、ひっそりとその場所です。山道からちょっと中へ入ったところで、簡単には分かりません。建物も小さな小屋程度の大きさ。バスチャンは、七代したら宣教師がやってくることを予言した人です。具体的には、次のような内容です。「1. 皆を七代までわが子とする、2. その後はコンヘソール(罪の告白を聞いてくれる神父)が黒船でやってきて毎日でもコンヒサン(告白)ができる、3. どこででもキリシタンの歌を歌って歩ける、4. 異教徒とすれ違うときは相手が道を譲る」と。

こうした予言に希望を抱き、お互いに支え合いながら、潜伏キリシタンたちは信仰を守ってきました。今日のみことばに出てくる「わたしがあなた方を愛したように、あなた方が互いに愛し合うこと、これがわたしの掟である」(ヨハネ15・12)ということばが、潜伏キリシタンたちの姿と重なって見えます。

バスチャン屋敷跡
禁教令により外海地方の神父がすべて追放された後、日本人で洗礼名バスチャンという伝道者がこの地方のキリシタン達を指導したといわれている。バスチャンは追手を逃れるため隠れ家を転々としたと伝えられており、この地もそのひとつといわれている。

あなたにオススメ