タイ商品の見本市に行ってみました

東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみると、「そりゃないだろう。タイとベトナムは違うよ」と思いたくなります。

そんな中、ベトナムのサイゴン市内の共同体から歩いて10分くらいの所で、4月25日から29日まで「タイ商品の見本市」が開かれています。せっかくなので見に行ってみました。

看板からして、タイという感じで、ベトナムとは違うなあと思います。入って早々、タイ王国の写真、仏壇などが飾られています。

会場の中には、食料品、衣料品、化粧品、革製品、薬、香料、貴金属、電化製品などが並べられています。

面白いなあと思ったのはドッグフードで、日本語で「九つのケア」と書かれていて、犬肉を食べるベトナムで、ペット商品は売れるのかなあと勝手に想像してしまいました。

また電化製品には「HATARI」の扇風機などが展示され、「HITACHI」をもじったようにも見え、私はついつい「はったり」と読んでしまいました。ただベトナムの市場とは違い、ちゃんと値段がついているので、安心して買えるかなあと思います。

店の外にはタイ料理の店もありましたが、午前9時30分くらいでしたが、とても暑く、熱い料理を食べる気にはなりませんでした。

あなたにオススメ