ミサの祭具――カトリック教会生活入門

コルポラーレ(聖体布)
ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布です。

パラ(聖杯布)
ミサの時に、カリスをおおう亜麻布を張った正方形の厚紙です。

パテナ(聖体皿)
基本的には、カリスと同じ材料で作られた平皿で、聖体(ホスチア)を乗せます。カリスの直径よりも大きいものと定められています。司教が聖香油で聖別してから、聖具として使用します。

プリフィカトリウム(清浄布)
白の亜麻布でできています。ミサの時、聖体拝領後に司祭の指やカリス、パテナを拭くために使用します。

カリス(聖杯)
ミサの時にイエス・キリストの聖血(ブドウ酒)を入れる杯です。聖血が直接触れるので、液体を吸収しない材料で作られており、多くは金メッキされています。またカリスを聖具として使用する場合には、司教による聖別が必要です。

※通常、これらの聖具は、上からコルポラーレ、パラ、パテナ、プリフィカトリウム、カリスという順番で準備されます。

出典:『イラストで知るカトリック教会生活』(サンパウロ編)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. 当時、呪いのシンボルだった十字架。その上で処刑されたイエスの死は、人類史上、唯一無二…
  2. 九州のある村に、宣教師が来ました。その村の長老と言われる人は彼に「私とあなたと問答をして、私があなた…
  3. 2017年6月24日、フィリピンのマカティ修道院で二名の会員(アルベルト・ガロン神学生とエリック・マ…
  4. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
  5. 聖パウロ修道会では、下記のとおり、サンパウロの人事異動を行います。氏名新旧…
PAGE TOP
Translate »