復活節第4主日(2018年4月22日)福音書のメッセージ動画

よい羊飼いは
羊のために命を捨てる。
わたしは
誰からも奪われるのではなく、
自分から命を捨てる。
このように宣言するイエスは
何を示そうとしたのか?

ヨハネによる福音書10章11節~18節
そのとき、イエスは言われた。
「わたしは善い羊飼いである。
善い羊飼いは羊のために命を捨てる。
羊飼いではなく、
羊が自分のものでもない雇い人は、
狼が来るのを見ると、
羊を置き去りにして逃げる。
――すると、狼は羊を奪い
また追い散らす。――
彼は雇い人であって、
羊のことを心にかけていないからである。
わたしは善い羊飼いであり、
自分の羊を知っており、
わたしの羊もまたわたしを知っている。
それは、父がわたしを知っておられ、
わたしも父を知っているのと同じである。
そして、わたしは羊のために命を捨てる。
わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もある。
わたしは、その羊たちをも導かなければならない。
彼らもわたしの声を聞き分ける。
こうして、一つの群れ、一人の羊飼いとなる。
再びそれを得るために、わたしは自分の命を捨てる。
それ故、父はわたしを愛してくださる。
誰もわたしから命を奪いはしない。
わたしが自分から命を捨てる。
わたしは自由に命を捨て、
また、再び自由に命を得る力を有している。
わたしはこの掟を父から受けた」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. 最近、水がおいしくなったなあと思います。以前、東京でも福岡でも、カルキの臭いが強かったのですが、今で…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. どうにも納得がいかない、というのを「腑に落ちない」と言います。ところが、納得できたときに「腑に落ちた…
  4. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  5. 前置き聖パウロ修道会歴史編纂部が2016年に日本管区に新たに出来て、私がその部署に配属された。管…
PAGE TOP
Translate »