復活節第4主日(2018年4月22日)福音書のメッセージ動画

よい羊飼いは
羊のために命を捨てる。
わたしは
誰からも奪われるのではなく、
自分から命を捨てる。
このように宣言するイエスは
何を示そうとしたのか?

ヨハネによる福音書10章11節~18節
そのとき、イエスは言われた。
「わたしは善い羊飼いである。
善い羊飼いは羊のために命を捨てる。
羊飼いではなく、
羊が自分のものでもない雇い人は、
狼が来るのを見ると、
羊を置き去りにして逃げる。
――すると、狼は羊を奪い
また追い散らす。――
彼は雇い人であって、
羊のことを心にかけていないからである。
わたしは善い羊飼いであり、
自分の羊を知っており、
わたしの羊もまたわたしを知っている。
それは、父がわたしを知っておられ、
わたしも父を知っているのと同じである。
そして、わたしは羊のために命を捨てる。
わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もある。
わたしは、その羊たちをも導かなければならない。
彼らもわたしの声を聞き分ける。
こうして、一つの群れ、一人の羊飼いとなる。
再びそれを得るために、わたしは自分の命を捨てる。
それ故、父はわたしを愛してくださる。
誰もわたしから命を奪いはしない。
わたしが自分から命を捨てる。
わたしは自由に命を捨て、
また、再び自由に命を得る力を有している。
わたしはこの掟を父から受けた」。

あなたにオススメ