復活節第3主日(2018年4月15日)福音書のメッセージ動画

イエスの復活。
もし作り話なら、教会は土台を失ってしまう。
復活が歴史的事実であったと証明するには・・・?
遠藤周作が注目したのは、何だったのか?

ルカによる福音書24章35節~48節
そのとき、エルサレムに戻った二人の弟子は、旅の途中で起こったことや、パンを裂かれたとき、イエスであることに気づいた次第を語った。
さて、二人がこう話していると、イエスご自身がみなの真ん中に立ち、「あなた方に平和があるように」と仰せになった。彼らは驚き恐れて、幽霊を見ているのだと思った。そこで、イエスは仰せになった、「なぜ怯えているのか。どうして心に疑いを抱くのか。わたしの手と足を見なさい。まさしくわたし自身である。手を触れて確かめなさい。幽霊には肉も骨もないが、あなた方が見ているように、わたしにはそれがある」。こう言って、手と足をお見せになった。彼らは喜びのあまり、まだ信じられず不思議に思っていると、イエスは、「ここに、何か食べ物があるか」と仰せになった。そこで、焼いた魚の一切れを差し上げると、イエスはそれを受け取って、みなの前で口にされた。
そして、イエスは弟子たちに仰せになった、「まだ、あなた方とともにいたころに話したとおり、わたしについて、モーセの律法と預言者、そして詩編に書き記されたことは、すべて成就されねばならない」。また、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、仰せになった、「次のように書き記されている、『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活し、その名によって罪の赦しへ導く悔い改めが、エルサレムから始まり、すべての民に宣べ伝えられる』。あなた方はこれらのことの証人である」。

あなたにオススメ