【新刊案内】使徒言行録を読む 聖霊に導かれて(聖書講座シリーズ14)京都司教区聖書委員会

使徒言行録は、ルカ福音書の後編として書かれ、初代教会においてどのように福音が宣教されていったかをわたしたちに伝えている。
エルサレムでの初代教会、ペトロの宣教、そしてパウロの宣教と受難について述べていくことを通して、使徒言行録の本当の主人公が聖霊であることが明らかにされていく。
カトリック教会で使徒言行録についての解説がほとんどない中、使徒言行録を読んでいくための必修の講話集。
※本書は、2015年に開催された聖書講座「聖霊に導かれて一使徒言行録を読む」の中から7講話を抜粋して編集したものです。

はじめに……村上透磨(京都教区司祭)
ペトロの宣教……中川博道(カルメル会修道会)
聖霊の働き……一場 修(マリスト会)
パウロと律法……西 経一(神言会)
パウロの宣教……北村善朗(京都教区司祭)
パウロの受難……鈴木信一(聖パウロ修道会)
パウロからわたしたちへ……澤田豊成(聖パウロ修道会)

使徒言行録を読む 聖霊に導かれて(聖書講座シリーズ14)
京都司教区聖書委員会/企画・編集

版型:B6判並製
ページ数:232ページ
価格:本体1,400円十税
ISBN:978-4-8056-3909-2
発行:サンパウロ
発売予定:2018年5月11日

あなたにオススメ