復活したイエス様との再会という種 復活節第2主日(ヨハネ20・19〜31)

知人との【再会】は、とても喜ばしいものです。彼らの関係が深ければ深いほどその喜びは大きなものとなります。復活後のイエス様と弟子たちの再会は、どうだったでしょう。

きょうのみことばは、イエス様が復活した日の夕方に弟子たちと初めて出会う場面です。弟子たちは、その日の朝にマグダラのマリアの「イエス様がいない」という知らせを聞いたペトロともう一人の弟子(ヨハネ)が確かめに行ったことを知っていました。きっと弟子たちは、「復活したイエス様はどこに行かれたのだろう。これから自分たちはどうなるのだろう。」などと話していたのではないでしょうか。さらに、空の墓のことを知ったユダヤ人たちが弟子たちの所に来るのではないか、その後にはきっと自分たちもただでは済まされないと思ったのでしょう、「弟子たちは、ユダヤ人たちを恐れて、自分たちがいた戸にはことごとく鍵をかけていた」と書かれてあります。

イエス様は、ユダヤ人たちを恐れて集まっていた弟子たちの所に現れ、彼らの真ん中に立って「あなた方に平和があるように」と言われます。ユダヤ人たちの挨拶は、「シャローム(平和)」といたします。イエス様も弟子たちに同じように「シャローム【平和】」と言われたのでしょうが、この【平和】は、ただの挨拶というのではなく「わたしはあなた方に平和を残す。わたしの平和をあなた方に与える。わたしは世が与えるように、これを与えるのではない。」(ヨハネ14・27)とイエス様がかつて弟子たちに言われた「イエス様の【平和】」という意味のようです。また、イエス様は、家の戸の鍵がかけていたにも関わらず、何もなかったように弟子たちの所に行かれ、彼らの真ん中に立たれます。これは、イエス様がどのような障害があったとしても、弟子たち(教会)の中におられる、いつも彼らの【中心】におられるということを表しているのではないでしょうか。

弟子たちは、イエス様が両手と脇腹を見て、やっぱりイエス様が復活されて自分たちの所に来てくださったと思って喜びます。これが、イエス様と弟子たちの【再会】の瞬間でした。イエス様は、再び「あなた方に平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなた方を遣わす。」と言われて弟子たちに息を吹きかけられます。イエス様は、彼らに再び【平和】があるように言われ、弟子たちに【派遣】の言葉を伝えます。

イエス様は、ご自分の息を弟子たちに吹きかけられ、「聖霊を受けなさい。誰の罪であれ、あなた方が赦せば、その罪は赦され、あなた方が赦さないなら、赦されないまま残る。」と言われます。パウロは、「神の武具を身につけなさい。……また、平和の福音を告げるための準備を足ごしらえとし、全てにおいて信仰の盾をかざしなさい。……神の言葉である霊の剣を取りなさい。あらゆる祈りと願いをもって、どんな時にも、霊によって祈りなさい。」(エフェソ6・11〜18)と伝えています。イエス様は、私たちが福音宣教をする時に、【平和】であることと、さらに、聖霊の働きがなければ上手くできないということを伝えておられるのかもしれません。

さて、弟子たちは、自分たちがイエス様に出会ったことをトマスに伝えます。トマスは、かつて「わたしたちも行って、主とともに死のう」(ヨハネ11・16)と言うほど、イエス様のためには、自分の命さえも惜しまないような弟子でした。ただ、最初にイエス様が弟子たちに現れた時にそこにいなかたのです。それは、他の弟子たちと一緒にイエス様が捕らえられた時に逃げたてまえ、彼らと一緒に居づらい気持ちがあったのかもしれません。私たちもこのトマスのようなところがあるのではないでしょうか。そのようなトマスの所にイエス様は、現れ「あなたの指をここにあてて、わたしの手を調べなさい。……信じない者でなく、信じる者になりなさい。」と言われます。私たちは、日常の生活の中でイエス様がなさった働きを信じることができないことがあります。往々にしてそのような時は、自分の意見に固執している時ではないでしょうか。私たちは、信念を持つことは大切ですが、ただあまりにもそれに固執することで周りを見ることができず、【傲慢さ】に陥ってしまう危険性を持っています。自分の事ではなくイエス様の働きを「信じる」という時には、自分を放棄するという【愛】の状態なのではないでしょうか。

トマスは、イエス様が自分に直接語りかけられた事でイエス様を見捨てて逃げた事への後ろめたさから解放され、「わたしの主、わたしの神よ。」と信仰告白をします。この言葉の中には、誰かの「主」ではなく「私」の「主」というほどの【熱い愛】を表されているのではないでしょうか。これが、トマスとイエス様との【再会】の場面です。私たちは、日常の中でイエス様の業を信じ、イエス様との【再会】を感じることができたらいいですね。

あなたにオススメ