ベトナムの花

サイゴン市内にある共同体のベランダには、ブーゲンビリア等の花がありますが、一年中咲いていて、いつが夏なのか分からないほどです。

今日も赤色と黄色の花が元気よく開いています。

そんな中、市内のボー・ティー・サウ通りをバスで通った時、「あれ、桜の花かなあ…。サイゴン市内にも桜の花があるのかな」と思うほどでした。

ソメイヨシノと八重桜に似た花が咲いていました。

「ベトナムの春」のような…。

でも道端に落ちた花を見ると、形が違っていて、明らかに桜でないことは分かります。

でも色がよく似ているなあと思いました。

また学校の近くには、フジに似たような黄色の花が咲き、とてもきれいだなあと思いました。

撮影した時、午前10時くらいでしたが、外気温は40度近くあり、日射病には気を付けました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 2017年3月13日~16日、ポルトガル・アンゴラ地区の地区集会が行われ、総長のヴァルディル・ジョセ…
  2. 聖書、典礼、教会の伝統に根ざした新しい祈り。各自で、家庭で、集会で、教会で使用できる祈り…
  3. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  4. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…
  5. 川嶋乃笑さんは、「自由気ままでツンデレ」と周りから呼ばれる高校生。乃笑さんは、高校一年生のとき、AC…
PAGE TOP
Translate »