受難の主日(枝の主日)福音書のメッセージ動画

すべてを奪われ、
苦しみの極みの中、
神の慰めもなく、
息を引き取ったイエス。
これを見て百人隊長が宣言する。
「本当にこの人は神の子であった」
なぜ、「神の子」?

マルコによる福音書15章1節~39節
そして、夜が明けるとすぐに、祭司長たちをはじめ長老や、律法学者たちの最高法院全体は、協議のうえ、イエスを縛って連れていき、ピラトに引き渡した。そこで、ピラトはイエスに尋ねた、「お前がユダヤ人の王か」。すると、イエスは答えて仰せになった、「それはあなたが言っていることである」。祭司長たちはいろいろとイエスを訴えた。ピラトは、もう一度イエスに言った、「お前は何も答えないのか。見よ。あんなに、いろいろと訴えているではないか」。しかしイエスは、一言もお答えにならなかった。それで、ピラトは不思議に思った。
ところで、ピラトは、祭りの時に、人々が願い出る囚人を一人釈放するのを習わしとしていた。ここに、暴動の時、人を殺して獄につながれていた暴徒の中に、バラバという男がいた。群衆は官邸に上って来て、いつものとおりにしてほしいと要求し始めた。そこで、ピラトは答えて言った、「お前たちはユダヤ人の王を釈放してほしいのか」。それは、祭司長たちが妬みからイエスを引き渡したことを知っていたからである。しかし、祭司長たちは群衆をそそのかして、バラバのほうを釈放してもらうようにさせた。これに対して、ピラトは改めて言った、「それでは、お前たちがユダヤ人の王と言っているあの男を、どうすればよいのか」。群衆は叫んだ、「十字架につけろ」。そこで、ピラトは言った、「あの男がいったいどんな悪事を働いたというのか」。しかし、人々はますます激しく叫び立てた、「十字架につけろ」。そこで、ピラトは群衆の機嫌を取ろうと思って、バラバを釈放し、イエスを鞭打たせた後、十字架につけるために引き渡した。
すると兵士たちはイエスを中庭、すなわち総督官邸の中庭に連れていき、部隊の全員を呼び集めた。そして、兵士たちはイエスに真紅のマントを着せ、茨の冠を編んでかぶせ、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、敬礼した。また、葦の棒で頭をたたいたり、つばを吐きかけたり、ひざまずいて拝んだりした。
このように兵士たちはイエスをなぶりものにした後、真紅のマントをはぎ取り、また、元の衣を着せ、十字架につけるために連れ出した。そこへ、アレクサンドロとルフォスの父でシモンというキレネ人が、田舎から出てきて通りかかったので、シモンにイエスの十字架を無理に背負わせた。こうして、彼らはイエスをゴルゴタ――その意味は「髑髏の場所」――という所へ連れていった。
そして、兵士たちは没薬を混ぜたぶどう酒をイエスに飲ませようとした。しかし、イエスはお受けにならなかった。それから、彼らはイエスを十字架につけた。そして、誰がどれを取るかをくじで決めて、その衣を分けた。
さて、イエスを十字架につけたのは、午前九時であった。罪状書きには「ユダヤ人の王」と書いてあった。また、兵士たちはイエスとともに二人の強盗を、一人は右に、一人は左に、十字架につけた。
すると、そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスを冒瀆して言った、「おい、神殿を壊して三日のうちに建て直す者よ、十字架から下りて自分を救ってみろ」。同じように、祭司長たちも律法学者たちと一緒になってイエスをあざけり、口々に言った、「あの男は人を救ったが、自分自身を救うことはできない。イスラエルの王メシアよ、今、十字架から下りればよいではないか。そうすれば、われわれもそれを見て信じてやろう」。またイエスとともに十字架につけられていた者たちも、イエスをののしった。
さて、正午になると、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。そして三時ごろになると、イエスは大声で叫ばれた、「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」。これは、「わたしの神、わたしの神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。近くに立っていた人々のうち、これを聞いて、「見よ、エリヤを呼んでいる」と言う者もいた。すると、一人が走っていき、海綿に酸いぶどう酒を含ませ、葦の棒につけ、イエスに飲ませようとして言った、「エリヤが下ろしに来るかどうか見ようではないか」。しかし、イエスは大きな叫び声をあげて、息を引き取られた。その時、聖所の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。イエスの近く、その正面に立っていた百人隊長は、イエスがこのように息を引き取られたのを見て言った、「まことに、この方は神の子であった」。

あなたにオススメ