四旬節第5主日(2018年3月18日)福音書のメッセージ動画

一粒の麦が地に落ちて実を結んだ・・・
命をつないでいくための究極の愛の姿。
自分を無にして神の栄光を現した、
イエスの十字架上の死。
それは、多くの人生を支える光、力となる。

ヨハネによる福音書12章20節~33節
ところで、祭りにあたって礼拝のために上って来た人々の中に、ギリシア人が何人かいた。この人たちは、ガリラヤのベトサイダ生まれのフィリポの所に来て、「わたしたちはイエスにお目にかかりたいのですが」と言って頼んだ。フィリポはアンデレの所に行ってこのことを伝え、アンデレとフィリポはイエスの所に行って伝えた。
イエスは彼らにお答えになった、

「人の子が栄光を受ける時が来た。
よくよくあなた方に言っておく。
もし一粒の麦が地に落ちて死ななければ、
それは一粒のままである。
しかし、死ねば、豊かな実を結ぶ。
自分の命を愛する者はそれを失い、
この世で自分の命を憎む者は、
それを保って永遠の命に至る。
わたしに仕えようとする者はわたしに従いなさい。
そうすれば、わたしのいる所に、
わたしに仕える者もいることになる。
わたしに仕えようとする者があれば、
父は、その人を大切にしてくださる」。

「今、わたしの心はかき乱されている。
何と言おうか。
『父よ、わたしをこの時から救ってください』
と言おうか。
いや、このために、この時のためにこそ、
わたしは来たのである。
父よ、み名の栄光を現してください」。

すると、天から声がした、
「わたしはすでに栄光を現したが再び栄光を現そう」。

居合わせた群衆はこれを聞いて、「雷が鳴った」と言った。
ほかの人々は、「み使いがあの人に話しかけたのだ」と言った。

そこで、イエスは答えて仰せになった、
「あの声がしたのは、わたしのためではなく、あなた方のためである。
今こそ、この世の裁きが行われる時。
今、この世の支配者が追い出される。
そして、わたしが地上から引き上げられるとき、
すべての人をわたしのもとに引き寄せる」。

イエスは、ご自分がどのような死に方で命を落とすことになるかを暗示して、こう仰せになったのである。

あなたにオススメ