安全にご利用いただくために常時SSLに対応しました

2018年3月8日、聖パウロ修道会/サンパウロのウェブサイトをより安全にご利用いただく為、セキュリティ強化対策として、ウェブサイトのすべてのページにおいて常時SSLに対応しました。

常時SSLとは
常時SSLとは、ウェブサイトのすべてのページをHTTPS化(SSL暗号化通信)することです。
これまでSSLによる暗号化は、ID/パスワードを入力するページや個人情報などの機密性が高いデータを送受信するページに限り、限定的に使用されてきました。これをウェブサイト全体に広げ、すべてのデータの送受信を暗号化通信でおこなうことを“常時SSL”といいます。これにより、ウェブサイトと閲覧者の端末間のデータ傍受を防止できます。

通信が暗号化されますので、サイトURLがhttpsからはじまるアドレスとなります。
なお、以前のアドレス(http)からでも、アクセスすることができるようになっております。

新URL
https://sanpaolo.or.jp/
(https://www.sanpaolo.or.jp/ ←こちらでもアクセスできます。)
※従来のURLでアクセスしても暗号化されたページへ自動転送されます。

SSLの特性上、古いフィーチャーフォンや、約10年以上前の古いパソコンやブラウザでは当ウェブサイトを正しく表示できない場合がございます。対象のお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

皆さまが安心してご利用いただけるウェブサイトの運営を心がけてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

聖パウロ修道会/サンパウロ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. ベトナムは社会主義国家とはいえ、ホーチミン市内の中心街にある聖母マリア教会(カテドラル)周辺はクリス…
  3. 主イエスが昇天することによって、弟子たちには寂しさが漂っていたことでしょう。長い間、弟子たちはイエス…
  4. 2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フ…
  5. 東日本大震災後85カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
PAGE TOP
Translate »