安全にご利用いただくために常時SSLに対応しました

2018年3月8日、聖パウロ修道会/サンパウロのウェブサイトをより安全にご利用いただく為、セキュリティ強化対策として、ウェブサイトのすべてのページにおいて常時SSLに対応しました。

常時SSLとは
常時SSLとは、ウェブサイトのすべてのページをHTTPS化(SSL暗号化通信)することです。
これまでSSLによる暗号化は、ID/パスワードを入力するページや個人情報などの機密性が高いデータを送受信するページに限り、限定的に使用されてきました。これをウェブサイト全体に広げ、すべてのデータの送受信を暗号化通信でおこなうことを“常時SSL”といいます。これにより、ウェブサイトと閲覧者の端末間のデータ傍受を防止できます。

通信が暗号化されますので、サイトURLがhttpsからはじまるアドレスとなります。
なお、以前のアドレス(http)からでも、アクセスすることができるようになっております。

新URL
https://sanpaolo.or.jp/
(https://www.sanpaolo.or.jp/ ←こちらでもアクセスできます。)
※従来のURLでアクセスしても暗号化されたページへ自動転送されます。

SSLの特性上、古いフィーチャーフォンや、約10年以上前の古いパソコンやブラウザでは当ウェブサイトを正しく表示できない場合がございます。対象のお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

皆さまが安心してご利用いただけるウェブサイトの運営を心がけてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

聖パウロ修道会/サンパウロ

あなたにオススメ