幼きイエスの聖テレジアの聖物――フィリピン便り

宣教の保護者、幼きイエスの聖テレジアの聖骨が2018年2月12日から5月31日にかけてフィリピンの全国に巡礼しています。今回で4回目だそうです。

聖物の高さは0.85メートル、広さは0.95メートル、長さは1.50メートル、重さは132キログラムということです。

巡礼者は御ミサを捧げたり、聖骨を触ったり、祈ったりしています。

写真はグリンベルト教会(Sto Niño de Paz Chapel-Greenbelt Chapel)の聖堂内の様子です。

(バ・ヴァン・タン神学生)

関連記事一覧